주요 기사 바로가기

【中央時評】日本問題克服の出発点は韓国内部にこそある(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.28 10:14
0
以前、中央日報紙に掲載された「中央時評」に対して多くの読者から質問をいただいた(2014年2月7日付の「【コラム】非難・批判だけでは日本変えられず…平和な日本になるよう救いの手を」参照)。5年も前倒しして3・1独立運動100周年に言及した理由、100周年にワシントンに「残忍博物館」を建設するための市民参加の方法、日本問題克服のための韓国内での解決法や措置など。

まず5年も前にした言及は、100周年に向けた韓国社会の精神的覚醒の必要性、すなわち今日の内外の現実と3・1精神の整合性のためだった。3・1精神は今日の韓国と韓半島(朝鮮半島)と東アジア問題の解決の1つの決定的な突破口になりうる。近代国家の樹立に向けた共和革命の試みとして、3・1運動の骨格精神は民族主義ではなく普遍主義であった。そして民族主義ではない普遍主義こそ、今日の韓国と韓半島と東アジアに必須の価値だ。3・1独立運動は自由・人間尊厳・連帯・民主共和国・主権と平等・世界主義を1つのふところに抱いた東アジアの歴史の分岐点だった。

まず、3・1精神は一切の抑圧と専制、暴力と侵略を排除した自由・民権・平等の民主共和の原理であった。そこには外部と内部両方の専制が含まれる。近代100年の韓国の精神構造と社会体制の一番の原理として定着している民主共和国・民主共和主義は、3・1独立運動を機に登場して以降すべての憲法草案と体制構想の具現であり基底原理であった。今日の韓国と北朝鮮は3・1精神の骨格である民主共和国の原理をどれほど実現しているだろうか。また東アジア諸国はどうだろうか。

2番目が連合だ。3・1独立運動はすべての階層と路線と勢力が参加する統合と統一を表象した。民衆的・民主的な参加に基づいた連帯と統一の3・1運動の集合体験は分裂と対立、敵対と分断を持続している今日の韓国と韓半島に重要な共通の滋養分を提供してくれる。すなわち安重根(アンジュングン)と共に南北が共に賛える近代的歴史資源である3・1精神の復元は、南北統一の共通準拠に昇華することができる。南北は5年間でどのように、共に準備するだろうか?

3番目、東アジアと世界次元の3・1精神は世界主義、特に主権独立・共存と平和であった。非暴力の平和主義と世界主権平等はその定数であった。今日、東アジアの和解・共存・平和を脅かす重大要素の1つは日本の侵略・戦争犯罪の否定とそれによる人権・領土対立・過去の問題の悪化だ。すなわち日本問題だ。

しかし日本問題を韓国と日本、または日本と旧植民地諸国の間の民族問題としてアプローチしては解決方法を見出すことはできない。帝国主義の戦争犯罪は「人間性に反する犯罪」であり「平和に反する犯罪」として全人類的な普遍の問題だ。したがって日本(犯罪)問題は、欧州連帯と世界連帯を通じて解決していったドイツ(犯罪)問題の解決法にならう必要がある。
【中央時評】日本問題克服の出発点は韓国内部にこそある(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP