주요 기사 바로가기

600キロメートル走れる現代自の水素燃料電池車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.26 11:32
0
現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車の水素燃料電池車(FCEV)の開発方向をうかがい知ることができる次世代コンセプトカーが公開された。現代自動車は来月4日に開幕予定のジュネーブモーターショーに出品するFCEVコンセプトカー「イントラド」(HED-9)の写真と基本特徴を25日に公開した。

FCEVは燃料として搭載した水素と空気中の酸素が結合して発生する電気をエネルギー源とする未来型親環境車両だ。電気自動車に比べ充電時間が短く走行距離が長いというのが最大の長所だ。イントラドの場合、36キロワット級次世代リチウムイオンバッテリーで構成された水素燃料電池システムが搭載され、1度の充電で600キロメートル以上走行できる。150キロメートル水準の一般的な電気自動車の4倍に達し、400キロメートルである「テスラ」の電気自動車モデルより長い。

現代自動車は「イントラド」に炭素繊維強化プラスチック素材を大幅に使い、重量も大きく減らした。航空機のデザインを基に現代自動車の新たなデザイン哲学である「フルイディック・スカルプチャー(柔軟な躍動性)2.0」を採用した。現代自動車は昨年世界初の量産FCEVとなる「ツーソンFCEV」を生産したのに続き、今年から米国市場で最初に販売を始めるなどこの分野で世界のトップを走るメーカーと評価されている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP