주요 기사 바로가기

<サッカー>ACLがスタート、Kリーグ4チームの武器は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.02.25 17:29
0
Kリーグは伝統的にアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ(ACL)に強い。今年も4チームがアジアチャンピオンに挑戦する。浦項スティーラーズ、蔚山現代、全北現代、FCソウルがAFCチャンピオンズリーグのグループステージでシーズンを始める。

25日にソウル-セントラルコースト(豪州)戦、浦項-セレッソ大阪(日本)戦が、26日には全北-横浜マリノス(日本)戦、蔚山-ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦(豪州)が行われる。蔚山は豪州で、残りのKリーグ3チームはホームで試合を行う。

「Kリーグ4竜」はそれぞれの特性を生かしてアジア舞台のトップを狙う。昨年AFCチャンピオンズリーグで準優勝したソウルはデヤン、アディ、河大成(ハ・デソン)ら主軸メンバーが抜け、戦術の修正が避けられなくなった。崔龍洙(チェ・ヨンス)FCソウル監督は「スリーバックカード」を取り出した。金珍圭(キム・ジンギュ)-金周栄(キム・ジュヨン)-オスマルをDFに、チャ・ドゥリと金致佑(キム・チウ)をウィングバックに起用する予定だ。

崔監督はセントラルコースト戦を翌日に控えた24日の公式記者会見で、「過去3年間のよかったことはすべて忘れた。選手たちも変化の必要性に共感している。現状況を直視し、初心に戻る」と語った。

全北はKリーグ球団のうち唯一オフシーズンに大規模な選手獲得で戦力を補強した。MF金南一(キム・ナムイル)を迎えて金相植(キム・サンシク)の空白を埋め、外国人FW2人を加えた。チェ・ガンヒ全北監督はブラジル現地練習で攻撃力の強化に集中した。特に今年はハン・ギョウォン、けがから回復した李承ギ(イ・スンギ)が加わり、チームのスピードがさらに速くなる見込みだ。

浦項はパク・ソンホ、盧炳俊(ノ・ビョンジュン)、ファン・ジンソンらベテラン選手が抜けた空白を埋めることができなかった。浦項の立場では昨シーズン旋風を起こしたパスサッカーの完成度を高めるしかない。

蔚山は金信旭(キム・シンウク)、ラフィーニャなど主軸FWが健在だ。指揮官が金鎬坤(キム・ホゴン)監督からチョ・ミングク監督に交代したが、チームカラーはそれほど変わらないとみられる。チョ監督は蔚山独特の“逆襲サッカー”にパスサッカーを加え、よりおもしろい攻撃を見せるという考えだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>ACLがスタート、Kリーグ4チームの武器は?

    2014.02.25 17:29
    뉴스 메뉴 보기
    (左から)車・ドゥリ(チャ・ドゥリ)、金南一(キム・ナムイル)、李明周(イ・ミョンジュ)、金信旭(キム・シンウク)
    TOP