주요 기사 바로가기

韓国、豪州と5兆ウォンの通貨スワップ…豪州の原材料が事実上ウォンで購入可能に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.24 13:24
0
韓国とオーストラリアの中央銀行が5兆ウォン規模で自国通貨を対等交換する契約をした。これに伴い、今後オーストラリアから原材料を輸入する韓国企業は米ドルの代わりに豪ドルで決済できることになる。また、国際金融危機が迫った時も米ドルに対する依存度を低くできる。

主要20カ国(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するためオーストラリアのシドニーを訪問している韓国銀行の金仲秀(キム・ジュンス)総裁は23日、オーストラリア中央銀行のスチーブンス総裁と通貨スワップ(通貨対等交換)契約に署名した。満期は3年で、両国の合意により延長できる。今回の契約は朴槿恵(パク・クネ)大統領が昨年10月の韓豪首脳会談で通貨スワップに合意したのに伴うもの。

今回の契約で韓国銀行は最大5兆ウォンのウォンをオーストラリア中央銀行に預け50億豪ドルに交換することができる。韓国銀行はこの豪ドルを都市銀行を通じオーストラリアから原材料を輸入する韓国企業に支援できる。同様にオーストラリア中央銀行は最大50億豪ドルを韓国銀行に渡し、同じ金額をウォンに替えることができる。韓国はオーストラリアの4番目の貿易国で、オーストラリアは韓国の7番目の貿易国だ。昨年オーストラリアに対する韓国の輸出は96億ドル、輸入は208億ドルだった。韓国は鉄鉱石と有煙炭を主に輸入し、軽油と自動車をオーストラリアに輸出している。

G20会議に参加している玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相兼企画財政部長官は、「資源大国であるオーストラリアは金融危機状況でもマクロ経済を安定的に維持し、信用度も良い。オーストラリアとの通貨スワップは実質的な効果だけでなく、韓国経済がそれだけ堅実だというシグナルにもなる」と話した。

韓国は現在各国と1000億ドルほどの通貨スワップ契約を結んでいる。自国通貨を交換する契約を締結したのはオーストラリアと中国、アラブ首長国連邦、マレーシア、インドネシア(予定)などだ。中国との契約が64兆ウォンで最も多い。

こうした自国通貨スワップはドルを直接調達できるものではない。しかし国際的な金融危機が発生しドル調達が難しい場合にも該当国と正常な貿易取引ができるという長所があるというのが韓国銀行の説明だ。韓国銀行は通貨スワップ資金で企業が簡単に貿易決済ができるよう各種制度とインフラを整備する方針だ。

ドルを直接確保できる通貨スワップもある。危機時の域内資金支援プログラムであるチェンマイイニシアチブ(CMI)多国間基金で受け取れるドルは192億ドルだ。ここには韓国、日本、中国と東南アジアの国々が参加している。韓国はCMIの2国間協定により日本と100億ドル規模の通貨スワップ契約も結んでいる。日本との通貨スワップ規模は一時700億ドルあったが、現在は100億ドルに減った。韓国銀行は金融危機が起きた2008年10月に米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)と通貨スワップ契約を締結したが2010年2月に終了した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP