주요 기사 바로가기

韓国の有名監督、日本映画に特別出演

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.02.21 17:32
0
映画『ソウォン』のイ・ジュンイク監督が日本映画に特別出演する。カメオの概念で出演を承諾したが、予想以上に分量が増え、比重あるキャラクターを演じることになった。

イ・ジュンイク監督は21日、韓国日刊スポーツとの電話で、「映画監督の役割であるうえ、カメオの概念なので、それほど悩まず出演することにした。しかし実際にシナリオを受けてみると、予想以上に分量が多くて戸惑った」とし「考えていなかったことだが、すでに出演の約束をしていたので、予定通りに日程を消化することにした」と話した。続いて「とはいえ、私が正式に俳優として映画に出演するとは考えないでほしい。シーンは多いが、カメオの概念にすぎない。演出が本業だが、お互い助ける概念で演技をすることになった。俳優と呼ぶのはとんでもない」とし「いま新しい演出作のシナリオの最終作業中で、いろいろやるべきことが多い状況」と負担感を表した。

イ・ジュンイク監督が出演する日本映画は『イン・ザ・ヒーロー』という題名のヒューマンコメディ。日本現地映画製作および配給会社シネカノンの作品だ。70、80年代の日本で人気だった日本怪獣映画の隠れた主人公の姿を描いた映画で、技術力が不足していた当時、怪獣の仮面をかぶって演技した人たちの話だ。イ・ジュンイク監督はハリウッドで成功した韓国監督を演じる。ほとんどのセリフが英語という。22日に日本に出国し、3月初めまで出演分を撮影する予定だ。

これまでもイ・ジュンイク監督は『黄山ヶ原』『ラジオ・スター』など自分の演出作に端役で出演し、観客を楽しませた。チョン・ジョンフン監督の短編映画『冗談半分、真実半分』には主演で出演した。そのほか、『スーパースター』『不当取引』などの作品にも特別出演形式で姿を現している。

イ・ジュンイク監督は『王の男』『ソウォン』などで日本の映画ファンの間でも知られ、『イン・ザ・ヒーロー』出演が話題になっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の有名監督、日本映画に特別出演

    2014.02.21 17:32
    뉴스 메뉴 보기
    イ・ジュンイク監督
    TOP