주요 기사 바로가기

<ソチ五輪>銀メダルのキム・ヨナ「バンクーバー当時の切実さはなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.21 12:14
0
アディオス(Adios、さようなら)。“フィギュア女王”キム・ヨナ(24)が2014ソチ冬季オリンピック(五輪)引退舞台で銀メダルを獲得した。

キム・ヨナは21日午前4時(日本時間)に終わったフィギュアスケート女子シングルで2位となった。フリーで最後の順序で演技を終えたキム・ヨナは144.19点だった。高難度の演技をクリーンに終えたが、五輪2連覇はならなかった。前日のショートプログラム(SP)を合わせて計219.11点。ロシアのホームファンの熱烈な応援を受けたアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点で金メダルを首にかけた。

キム・ヨナは演技を終えても涙を見せなかった。また予想外に自分の順位が2位に落ちたことを確認しても同じだった。やや残念そうな表情を見せたが、すぐに笑顔に戻った。キム・ヨナは最高の演技をしたが、ロシアのホームアドバンテージに阻まれた。

前日のSPでキム・ヨナは1位だった。しかし完ぺきな演技に比べて少ない点数(74.92点)を受けた。2位のソトニコワとの点差は0.28にすぎなかった。釈然としない判定は最後の演技でも続いた。結局、キム・ヨナの引退舞台のメダルの色が変わった。

--ソトニコワより技術点が6点ほど少ない。結果は公正だったと思うか。

「点数は審判がつけること。私が言って変わることはない。今大会は出場により大きな意味があったと思う。最後の引退競技をミスなく終えたことに満足している」

--点数が出た時、安堵する感じだったが。(外国人記者)

「私は最後の選手だったので、前の選手の演技を見ることができなかった。結果を予測できなかった。ミスなく演技を終えて安堵する感じだった。終わって気が楽になったというのが最も大きかった」

--この4年間、最も大変だった瞬間とここまで来た動力は。

「再び五輪に挑戦する時、最も難しかったのは、明確な目標がなかったことだ。バンクーバー五輪は金メダルのために自分の命をかけることができたが、金メダルを取った後は当時のような切実さはなかった。練習でモチベーションが十分でなかったのが難しかった」

--これが最後の舞台になるのか。今後の計画は何か。(外国人記者)

「最後だ。特別なことはない。5月に公演があり、五輪が終わったので韓国で忙しくなりそうだ。休みたい気持ちも大きい」

▼アデリナ・ソトニコワ(ロシア、金メダル)=多くの方々の応援のおかげで完ぺきな演技ができた。金メダルを取ろうという気持ちより、ミスなく演技を終えようという考えだった。ロシアのファンの応援のおかげで頑張ることができたし、演技をうまく終えることができた。(ロシア選手が善戦したことについて)ロシアの選手は目的があればそれに向かっていくので成果が出たようだ。

▼カロリーナ・コストナー(イタリア、銅メダル)=バンクーバー五輪が終わった当時、私は限界がきたと考えた。それを受け止めて家に帰ったが、フィギュアに対する思いから、またスケートをしたいという熱望が強まった。そのため、ミスを受け止めて学ぼうとした。私にとってソチの銅メダルは金メダルと同じくらい貴重なものだ。
【特集】ソチ冬季オリンピック2014


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ソチ五輪>銀メダルのキム・ヨナ「バンクーバー当時の切実さはなかった」

    2014.02.21 12:14
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナ(24)
    TOP