주요 기사 바로가기

「サムスン、欧州・北米で直営店を大幅増加へ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.20 13:40
0
サムスン電子が欧州と北米で直営店を大幅に増やすと、米経済日刊紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が18日(現地時間)報じた。

サムスンは欧州で年内に少なくとも75カ所の売り場を新規でオープンする予定だ。過去6年間に欧州に開設されたサムスンの売り場は31カ所にすぎなかった。カナダでも大型小売りチェーンのベストバイとフューチャーショップの売り場に合計90カ所の専用売り場を出す計画だ。昨年サムスンは米国内のベストバイ1400カ所に売り場を出している。

世界で420カ所のアップルストアを直接デザインして運営し、プレミアムブランドイメージを構築したアップルに対抗し、サムソンショプを増やすということだ。WSJは、低価格スマートフォンがあふれるなど競争が激しくなると、ブランドパワーを背に小売店を増やす方向に動いたと分析した。サムスンが昨年12月、アップルの首席ストアデザイナーのティム・ガジェルを小売り部門総括マネジャー(副社長)として迎えたのも軌を一にする。

一方、米日刊紙USAトゥデイはこの日、サムスンが今月24日からスペイン・バルセロナで開催される世界最大のモバイル見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で、OS「タイゼン」が搭載されたギャラクシーギアの後続作を公開すると報じた。タイゼンはサムスン電子やインテルなどが連合して開発したOSで、サムスンのグーグルに対する依存度を低めるための代案の一つ。昨年9月にギャラクシーノート3とともに発売されたスマート時計ギャラクシーギアにはグーグル アンドロイドOSが搭載された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP