주요 기사 바로가기

<韓国人巡礼観光バス爆弾テロ>病院の施設劣悪…けが人は十分な治療受けられず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.18 09:44
0
「太ももに破片が刺さっているが、16時間止血だけしているという連絡があった」。エジプト爆弾テロで負傷したチェ・チョンレさん(67、女性)の婿ユン・ソンノさん(40)は17日午後、忠清北道鎮川中央教会を訪問し、このように伝えた。

ユンさんはこの日午前、政府関係者から「治療を受けていて、2、3日経てば退院できる」という連絡を受け、安心したという。しかしその後チェさんと電話がつながると、全く違う状況であることを知り、驚いたと話した。

また、ユンさんはチェさん以外のけが人13人も病院の施設が劣悪で、十分な治療は受けていないと伝えた。けが人はテロが発生したシナイ半島タバ付近の病院で治療中という。

鎮川中央教会はこの日、一日中、沈痛な雰囲気だった。命を失ったキム・ホンヨルさん(64、女性)の遺族は嗚咽した。キムさんの二女ユン・スヒさん(35)は教会に設置された焼香所で母の写真を抱きかかえながら「信じられない。胸が痛い」と言って涙を流した。

キムさんの遺族と教会関係者は18日未明、エジプトに向かった。被害者の家族と教会関係者は無事帰還を祈りながら教会で夜を明かした。ウ・ジョンスクさん(47、女性)の父ウ・テギュさんは「夜中に娘から電話があった。唇が裂け、脚に破片を刺さったと話していた」と述べた。ウさんは「当局が現地の実態をきちんと知らせず、いら立ちを感じる」と語った。

テロの瞬間、ガイドが大きな被害を防いだという証言も出てきた。イスラエルのホテルにいるユ・ジェテさん(62)は中央日報との電話で、「バスの入り口に立っていたガイド2人が爆弾の破片を防いだことで、後ろの人たちは大きなけがをしなかった」と話した。ユさんは「タイヤがパンクするような大きな音が聞こえた直後、バスの前が炎に包まれた」とし「一部は窓から飛び降りるなど、パニック状態だった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP