주요 기사 바로가기

<ソチ五輪>余裕、冷静…4年前と違うフィギュア女王キム・ヨナ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.02.17 13:06
0
“フィギュア女王”キム・ヨナ(24)のソチ冬季オリンピック(五輪)コードは「余裕」と「冷静」だ。4年前の練習だけにまい進する姿とは違う。

キム・ヨナは13日(日本時間)、ソチ入りした後、比較的落ち着いて日程を消化している。練習では、強迫観念にとらわれた姿より、余裕ある姿が見られる。休みの時間には他の選手に配慮している。

キム・ヨナはソチ入り2日目にフリーの実戦練習を完ぺきにするほどコンディションがよい。キム・ヨナはソチ入り4日目の16日、競技が行われるアイスバーグスケートパレスで初めて実戦練習を行った。ここで一度もジャンプミスをせず、軽快な動きを見せた。他の選手の音楽が流れている間もジャンプやステップを点検したキム・ヨナは、体力的な問題も表さなかった。

15日は丸一日、休養をとった。キム・ヨナは代表チームで親しいイ・サンファ(25、ソウル市庁)、パク・スンヒ(22、華城市庁)らと一緒にアイスバーグで行われたショートトラック競技を観戦した。キム・ヨナは「休みの日なので観客席で試合を見たかった」と競技場に現れた理由を説明した。

また、この日は他の後輩選手の練習にも姿を現し、一緒にいたトレーナーや所属事務所の関係者と対話を楽しんだ。もちろん後輩の演技のチェックもした。こうした姿は4年前とは全く違う。バンクーバー冬季五輪当時はショートプログラムの4日前までカナダ・トロントで練習していた。この期間、キム・ヨナは練習にまい進した。他の日程はなかった。楽しむ気持ちで2度目の五輪に臨むという考えをそのまま実践している。キム・ヨナは「五輪2連覇よりも、自分が満足できる競技をし、その結果を受け入れるのが目標」と話してきた。

“氷の心臓”で有名な“スピードスケート女帝”イ・サンファも「ヨナは私よりも緊張しないようだ。それだけにうまくやりそうだという期待が大きい」と語った。
【特集】ソチ冬季オリンピック2014


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ソチ五輪>余裕、冷静…4年前と違うフィギュア女王キム・ヨナ

    2014.02.17 13:06
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナ。
    TOP