주요 기사 바로가기

「軍国主義者と呼びたければどうぞ」 …「アベ語」新造語まで登場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.12 10:25
0
安倍首相の外交は日本の国民にアピールする必殺技だ。靖国神社参拝後は国際的に追い込まれ、韓国・中国外交に穴があいた「ドーナツ外交」という批判を受けるが、日本の国民には「外交に優れた首相」として通じる。日本メディアは「休む間もない活発な動きと挑発的で扇動的な外交手法」のおかげだと分析する。2012年12月に就任した安部首相が2013年に訪問した国は25カ国。今年はオマーン・コートジボワール・モザンビーク・エチオピア・スイス・インド・ロシアとすでに7カ国を訪問した。

もともと日本の首相はいつも“国会出席”に縛られ、海外訪問は長期連休や国会閉会中に集中する。安倍首相はこの枠を崩した。会期中にも海外に飛んでいく。今回のソチオリンピック(五輪)外交がそうだった。金曜日の7日午前9時に参議院予算委に出席し、11時52分に首相執務室に戻り、11時59分に「北方領土の日」行事に出席した後、12時34分に羽田空港で記者会見し、ソチ行き専用機に乗った。そして日曜日の9日晩に帰国し、10日午前に国会に出席した。2013会計年度(2013年4月1日-2014年3月31日)の首相の海外訪問予算8億4500万円は昨年末すでに消耗した。このため別の予算から引き出して使っている。

安倍首相の外交は「強い日本の復活」を旗幟とする。相手国の首脳との関係や、安倍首相が使う外交言語でも、強い男性的な側面が強調される。日本経済が停滞し、特に2006年から2012年まで年に1回ずつ首相が交代したことで失われた日本の存在感を、もう一度立て直すということだ。

 
扇動的な発言も多分に意図されたものだ。昨年2月の最初の米国訪問当時は「日本が帰ってきた」と叫び、9月の訪米では「私を右翼の軍国主義者と呼びたければ、そう呼んでいただきたい」と述べた。日本メディアは際どくも明確な語調で関心を増幅させる外交言葉を「アベ語」と呼ぶ。こうした言語を作り出すために元記者を常勤スピーチライターとし、内閣審議官という肩書まで付けた。

「義理」を重視するのも安倍外交の特徴だ。昨年5月に訪れたトルコを10月にまた訪問しようとすると、参謀は引き止めた。しかし安倍首相は「エルドアン首相と『日本とトルコのどちらがオリンピックを誘致してもお互いに称え合おう』と約束したが、9月のIOC総会場にエルドアン首相が本当に来た。私たちも誠意を見せるべきだ」と述べ、トルコ行きを強行した。

安倍首相は自分の外交を「地球儀外交」と呼ぶ。「外交は単に周辺諸国との二国間関係だけを見つめるのではなく、地球儀を眺めるように世界全体を俯瞰しなければならない」という持論だ。日本経済新聞は「安倍首相の祖父の岸信介は1カ月間にわたり欧州や中南米を回り、敗戦後の日本の国際社会復帰を各国に印象づけた」とし「彼の外交軌跡を安倍首相が意識している」と分析した。また、安倍首相は日本の首相では初めて就任後1年間に東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国をすべて回り、12月にはこれらの国の首脳を日本に呼び集めた。韓中に対する牽制と潜在市場の開拓のためだった。昨年6月にはアフリカ諸国の首脳40人を招待して支援策を出し、今年1月には自らアフリカを訪問した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP