주요 기사 바로가기

<ソチ五輪>不人気の悲しみはねのけた韓国女子カーリング代表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.12 09:29
0
韓国女子カーリングが日本を破り五輪デビュー戦で勝利した。韓国は11日に行われたカーリング女子予選第1戦で日本を12対7で破った。ソチ五輪韓国代表は京畿(キョンギ)道庁チームだ。選手層が薄く単一チームで代表チームを構成した。出場10カ国中最もランキングが低い10位の韓国が9位の日本を破り“氷上の奇跡”に向けた第一歩を踏み出した。韓国女子ハンドボール代表チームは2004年のアテネ五輪で不人気種目の悲しさを乗り越え闘魂を発揮して銀メダルを取った。ハンドボール代表チームの話は『私たちの生涯最高の瞬間』として映画化され国民の胸を熱くした。氷上の神話に挑戦するのが女子カーリング代表チームだ。

韓国はカーリング不毛の地だった。1962年に大韓ニュースは外国選手たちのカーリング競技の場面を報道し、「熱心に掃き掃除をする人たち、彼らが家庭でもあのようにきれいに家を片づけるのでしょうか」と伝えた。韓国は94年に大韓カーリング連盟を創設し、2002年には女子代表チームが米ビスマルク選手権で9戦9敗で最下位(10位)を記録した。

元中学校教頭で当時当時京畿道庁チーム監督を務めたチョン・ヨンソプ代表チーム監督は2009年に漫画『恐怖の外人球団』のように全国各地を回り選手を探し歩いた。99年に長野冬季五輪のカーリング中継を見て大学のカーリングサークルに入った第1世代選手のシン・ミソン、高校カーリング部解散後に幼稚園の補助教師をしていたイ・スルビ、スピードスケート選手だったが負傷のリハビリでカーリングに転向したキム・ウンジ、中国留学中肩身の狭い生活をしながらカーリングの手綱を離さなかったキム・ジソン、小学校時代から趣味でカーリングをしてきたオム・ミンジを説得の末に呼び集めた。

不人気種目の悲しみが彼女たちには最もつらい敵だった。メダル有望種目ではなかったカーリングは泰陵(テルン)選手村ではなく近くの飲食店とモーテルで宿と食事を解決し、外国人選手が捨てた使い捨てブラシのパッドを拾って洗いリサイクルした。ブラシを見て「ガラス窓の掃除をするのか」と誤解する人も多かったが、五輪を夢見て汗を流した。

3年ぶりに奇跡が起こった。家族のようなチームワークで2012年3月のカナダ世界選手権でベスト4神話を書いた。だがあふれるスケジュールで練習不足があだとなり、結局別のチームに代表チームの座を譲り渡してしまった。その後1日9時間ずつリンクで過ごすようにした末に2013年に国家代表の座を奪還した。世界カーリング連盟の国別五輪出場点数8位で五輪出場権を確保し、アジア・太平洋大会優勝、冬季ユニバーシアード銀メダルと波に乗った。韓国は大会参加10カ国でブックメーカーがつけた優勝確率が最も低い。しかしフルリーグで6勝3敗を収めればベスト4進出も可能とみられる。その後にどんなことが起きるからだれにもわからない。
【特集】ソチ冬季オリンピック2014


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ソチ五輪>不人気の悲しみはねのけた韓国女子カーリング代表

    2014.02.12 09:29
    뉴스 메뉴 보기
    韓国女子カーリングのキム・ジソン。
    TOP