주요 기사 바로가기

<ソチ五輪>キム・ヨナのライバル…浅田ではない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.10 08:52
0
キム・ヨナのライバルはすでに変わったようだ。浅田真央は尻もちをつき、ロシアのユリヤ・リプニツカヤは羽ばたいた。

浅田は8日に行われたソチ冬季五輪フィギュアスケート団体戦女子ショートプログラムに出場した。ショパンの『ノクターン』に合わせて演技を始めた浅田は、最初の課題であるトリプルアクセルに失敗しリンクに倒れた。すくっと立ち上がって演技を続けたが、自信は大きく落ちた後だった。

演技を終えた浅田は泣き出しそうになりながらリンクを出た。日本代表チーム選手らは残念そうに浅田を眺め、会場を訪れた安倍晋三首相も沈痛な表情となった。浅田は64.07点を取り3位に終わった。今シーズンのショートプログラムで自己ワーストだった。浅田は「予想していたより緊張した。落ち着いて滑ろうと思ったが最後まで自分の滑りができなかった。(チームメートに)ごめんなさいっていう感じです」と話した。

浅田は6日にソチ入りし団体戦の準備をした。団体戦の出場権がなくまだ入国もしていないキム・ヨナとは対照的な動きだ。団体戦が終わると浅田はアルメニアのエレバンに飛び日本代表チーム専用リンクでトレーニングする予定だ。現地の時差と氷の質に浅田が先に適応する機会を得たわけだ。その上現地トレーニングで浅田は秘蔵の武器であるトリプルアクセルをほとんど成功している。
<ソチ五輪>キム・ヨナのライバル…浅田ではない(2)

【特集】ソチ冬季オリンピック2014


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP