주요 기사 바로가기

【コラム】トリプルアクセルの秘密:日本経済復活の真の理由は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.07 09:51
0
ちょうど1年かかっただけだ。日本に来る外国人が減少傾向から増加傾向に切り替わったことだ。2011年3月、福島原子力発電所事故が起きた時、日本観光業は終わりだと感じた。韓国は反射利益に酔いしれた。しかし2012年3月、日本入国外国人数は以前の水準に戻った。領土紛争で心が傷ついた中国人も昨年9月から本格的に日本行の飛行機に乗った。中央日報2月6日付の報道のとおり、韓国・日本両国の観光客誘致目標は2020年2000万人で同じだ。だが、実質的な「改善」は違って見える。日本はイスラム観光客のための別途厨房を作るほど細やかで、外国医師の日本国内診療許容を推進するほどサービス業規制改革に果敢だ。

ちょうど1年かかっただけだ。トヨタの世界自動車市場1位奪還だ。2010年、トヨタは大規模リコールで苦労した。米国はトヨタに集中砲火を飛ばした。金融危機で墜落した米国自動車業者「ビッグ3」にチャンスが来たと思った。翌年GMはトヨタを押し出して世界販売1位となった。しかし2012年、トヨタは世界1位を奪還した。昨年も首位保持に成功した。

1年ぶりの復活は1年の努力だけで可能なわけではない。トヨタの秘密は子会社トヨタメタルからうかがい知ることができる。廃車を分離して再生資源を作るこの会社は1970年に設立された。この会社が損益分岐点を合わせるまでは40年かかった。この執拗さは環境問題で廃車リサイクルが自動車業界の避けられない宿題になり光を放った。トヨタメタルは廃車の99%を再資源化する。廃処理過程から出るホコリまで集めて資源化する技術を備えている。韓国の再資源化比率は80%水準だ。最近日本経済復活の理由をただ円安とまとめるのは、だから危険である。翼をつけたとしても翼は誰でも付けることができるものではない。世界1位のタイヤ業者ブリヂストンはほとんどの人が米国の会社だと思っているが日本の会社だ。ブリヂストンは創業者の姓「石橋」に由来する名前だ。円高で日本輸出競争力が落ちた時、ブリヂストンは黙黙と海外工場を増設した。円高は輸出に否定的だが海外投資ではそれだけ資金を減らす効果を出す。そして円安時代がまたやって来た。増設された設備が初めて時に会ったのだ。ブリヂストンがタイヤをより多く売れなければ、おかしい話だ。

ちょうど4年ぶりだ。冬季オリンピックでキム・ヨナ選手と浅田真央選手が対決する話だ。

素敵な勝負になるように願う。合わせてこの点も記憶してもらいたい。浅田はオリンピック(2010年バンクーバー)で二回のトリプルアクセルを成功させた最初の女子選手だ。三回転半を回るこの苦難もジャンプにオリンピックで初めて成功した選手は伊藤みどり(1992年アルベールビル)だ。もちろん日本選手だ。彼女は二回飛んで一度成功した。そして18年後、浅田は二回とも成功した。

キム・ヨンフン経済部門次長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP