주요 기사 바로가기

『星から来たあなた』盗作問題、漫画家「法廷争いも辞さず」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.01.29 14:35
0
SBS(ソウル放送)のドラマ『星から来たあなた』が自身の作品『ソルヒ』を盗作したと主張していた漫画家カン・ギョンオク氏が「法廷争いも辞さない」と明らかにした。

カン作家は28日、自身のブログにあげた「最終的な見解です」という文を通じて「世の中には、法的な審判台だけでなく道徳的な審判台というものもある。長年、作家生活をしてきた私には社会的責任というものがあると考えた」と始めた。さらに「ドラマ作家志望生の文や制作発表会から心配していたという放送関係者、ほかの著作権被害者らが送ってきた文などと漫画界であった事例を聞きながら、静かに終わらせてはならないという気がした」として「静かに生きたい個人的な思いをしばらくしまって、社会的理由でこういう決定をした」と伝えた。

作家は「朝鮮時代の光海君の日記に出てきた『江原道(カンウォンド)未確認物体』に関する記録は誰でも使える共通した情報」として「これを素材にした作品が確認されただけで5つはある」と明らかにした。さらに「ご覧のとおり(この中で) 『ソルヒ』と『星から来たあなた』だけがストーリー構成が重なっている状態だ。400年間生きてきて前世との縁を探して行く過程で、この過程はアイデアに属するストーリーではない」と主張した。また「ドラマ制作は準備期間もかなり長くかかったそうだ。多くの人が集まって会議や相談もする中でシナリオが出てくれば多くの人々が見るだろう。それでも制作会社の誰も作品の存在を知らなかったということは理解できない」と伝えた。

カン氏は「この業界の社会的自省が必要だと考える」として「『ソルヒ』の残った連載期間と裁判期間が重なって悩んだか、どうにかして時間と体力配分をしながらやらなければいけない。法廷結果を見守ってほしい」と明らかにした。カン氏は昨年12月にも自身のブログを通じて「光海君日誌は誰でも使える事実だが、『400年を生きてきた老いることのない人が現実で生きるという形」と「縁の話」とは『ソルヒ』固有の構成」と主張した。

これに対し28日『星から来たあなた』制作会社側は「現在、カン作家の主張に対して内部で論議中だ。すぐに法務チームと検討を経た後、こちらの見解を発表する」と明らかにした。また「『星から来たあなた』が『ソルヒ』を盗作したものではないというのは明白な事実だ」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『星から来たあなた』盗作問題、漫画家「法廷争いも辞さず」

    2014.01.29 14:35
    뉴스 메뉴 보기
    SBSドラマ『星から来たあなた』のポスター
    TOP