주요 기사 바로가기

北米で10日間4000万ドル収入…韓国アニメ『ナット・ジョブ』の力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.28 17:23
0
韓国・カナダの制作会社が手を組んで制作したアニメ映画『ナット・ジョブ』(原題The Nut Job、ピーター・レペニオティス監督)が米国で好調だ。『ナット・ジョブ』は17日、北米全域3400カ所の劇場で公開され、2週連続で週末興行順位3位となり、26日(現地時間基準)まで4027万ドルの興行収入を記録した。2007年の韓国映画『D-WAR』(劇場2275カ所、収入1095万ドル)を大きく上回った。

『ナット・ジョブ』はナッツストアを荒らすリス、サーリーの冒険談であり成長の話だ。韓国制作会社レッドローバーは最初から海外市場を目標にした。レッドローバーのハ・フェジン代表は「8年前にコンサルティング会社に依頼して調査したところ、当時まで米国で制作されたアニメの80%が制作費以上の収入を記録した」とし「韓国市場は世界アニメ市場に占める比率が1.5%すぎないだけに、米国市場を目標にすれば勝算があると考えた」と述べた。

もともと3Dモニター製造会社だったレッドローバーは2006年ごろ、アニメに目を向け、カナダの制作会社トゥーンボックスと提携した。その後、両社が共同制作したテレビアニメ『Bolts & Blip』(2010)は米国・カナダ・韓国などに放送され、劇場版(2012)も登場した。

『ナット・ジョブ』の制作は2010年から本格的に進められた。カナダ出身のレペニオティス監督が2005年に制作した短編アニメのリスのキャラクターを主人公とし、ハリウッド古典映画『イタリアン・ジョブ』のような泥棒の話にしようというアイデアから出発した。

制作費450億ウォン(約43億円)はほとんどの韓国で調達した。2010年に韓国コンテンツ振興院グローバルフロンティアプロジェクトに選ばれて受けた6億ウォンからスタートし、韓国輸出入銀行から70億ウォンの融資を受けた。特に昨年4月、ハリウッド配給会社オープンロードが北米配給を担当することになり、投資に青信号がついた。

ハ・フェジン代表は「ハリウッドで安定的な配給網を確保したとのこと、リーアム・ニーソン、キャサリン・ヘーゲル、ブレンダン・フレイザーら有名な俳優が声を演じた点を前面に出し、国内のいくつかの創業投資会社から投資を受けた」と説明した。

オープンロードが北米広報費3200万ドルのうち2500万ドルを投資し、『ナット・ジョブ』は韓国・カナダ・米国の合作となった。北米での人気を受け、『ナット・ジョブ2』制作計画も発表された。2016年1月の公開が目標だ。

両社はもう一つの劇場用アニメ『スパーク』も制作中だ。宇宙版の西遊記をコンセプトにした作品で、160億ウォンをかけて今年10月ごろ完成する予定だ。

『ナット・ジョブ』は29日に韓国でも公開される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北米で10日間4000万ドル収入…韓国アニメ『ナット・ジョブ』の力

    2014.01.28 17:23
    뉴스 메뉴 보기
    『ナット・ジョブ』の主人公サーリー。
    TOP