주요 기사 바로가기

【社説】安倍首相、真正性ある行動見せろ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.24 09:56
0
日本の安倍晋三首相が22日、スイスのダボスフォーラムの朴槿恵(パク・クネ)大統領の基調演説行事に傍聴者として姿を見せた。25分にわたる朴大統領の英語の演説を5メートル離れた前で見守りながら拍手もしていたが、両首脳間の面会は実現しなかった。互いに動線が違っていたという。代わりに尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が安倍首相に挨拶をした。前日の「Korea Night(韓国の夜)」行事には下村博文文部科学相が姿を現した。日本の教科書に独島(ドクト、日本名・竹島)が日本の領土だと記述させるため先頭に立っている右派政治家だ。韓日関係を最悪の状況に陥れた一助となった2人の張本人の登場に、少なくない関係者が戸惑ったことだろう。

安倍首相の行動を善意と解釈すれば、首脳会談を持とうというメッセージに見える。彼は機会があるたびに前提条件なしで首脳会談を持とうといってきた。しかし今回の動きからでは真正性を探し難い。現在の絡みに絡んだ韓日事関係が、そのようなジェスチャーだけで改善の糸口をとらえるのが難しいということは日本のほうがよく分かっているだろう。安倍首相の行動が韓国よりも国際社会を狙ったイメージ外交に見える理由だ。

最初は米国だ。韓国と関係改善のためにこのように努力しているのにうまくいかないのは韓国のためだという印象を植えつけようという意図はなかったのだろうか。安倍首相は昨年、インドネシアでのアジア・太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の時も、朴大統領に積極的に接近する姿を演出した。当時の状況は、韓日関係の悪化が日本のためだという米国の気流に影響を与えたことが分かっている。安倍首相は今、靖国神社参拝で窮地に追い込まれている。2番目は中国だ。中国が安重根義士の記念館開館をはじめとして韓国と対日の過去の歴史で共助の動きを見せると、韓国に接近することが必要だったのかも分からない。このような意図ならば、韓国民の歓心を買うどころか逆効果を招くだけだ。

安倍首相に本当に必要なことは、正しい歴史認識だ。軍慰安婦を認めた河野談話と日帝侵略を反省・謝罪した村山談話の継承は、その最初のボタンだ。日帝軍国主義の象徴である靖国神社参拝を正当化して、その逆風を外交的演出によって避けようとすれば、韓日関係の新しい未来は開かれない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP