주요 기사 바로가기

EXO、「ゴールデンディスク」に続き「ソウル歌謡大賞」大賞の栄誉

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.01.24 09:31
0
グループEXO(エクソ)が、「2013ソウル歌謡大賞」で大賞の栄誉を授かった。EXOは23日の午後、ソウル松坡区(ソンパグ)蚕室(チャムシル)室内体育館で開かれた「第23回ハイウォンソウル歌謡大賞(2013 Seoul Music Awards)」授賞式で大賞のトロフィーを胸に抱いた。この日、EXOは大賞の他に本賞、デジタル音源賞など3冠王に輝いた。EXOは最近、最高の権威の「第28回ゴールデンディスク授賞式」をはじめとし、「2013メロンミュージックアワード」、「2013エムネットアジアンミュージックアワード」など各種歌謡授賞式を全部席巻しており、更なる栄誉を加えたことになる。

この日、最高のアルバム賞は「歌王」チョー・ヨンピルに、12チームの本賞は少女時代、SHINee(シャイニー)、EXO、BEAST(ビースト)、4minute(フォーミニッツ)、INFINITE(インフィニット)B.A.P(ビーエイピー)、VIXX(ヴィックス)、チョー・ヨンピル、Sister(シスター)、B1A4(ビーワンエーフォー)、A pink(エイピンク)が受賞した。新人賞は防弾少年団、キム・イェリム、Crayon pop(クレヨンポップ)が受賞した。

また、イ・スンチョル(公演文化賞)、ダイナミックデュオ(ヒップホップ賞)、トウォン(サントラ賞)、K.Will(ケイウィル)(R&Bバラード賞)、SHINee(韓流特別賞・人気賞)、B1A4(人気賞)がそれぞれ部門別受賞者になった。

この日授賞式の最初のステージはB.A.Pがヒット曲『One Shot』で飾った。続いて本賞のステージに立ったA pinkは『NoNoNo』を歌い、特有の可愛く愛らしい振りつけを披露した。A pinkのチョン・ウンジはソ・ギョンソク、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のウニョクと共に授賞式のMCとして本賞のステージまで準備し、熱い拍手を受けた。Crayon popは去年の夏にシンドロームを起こした『パパパ』を歌い、専売特許である直列5気筒ダンスで現場をヒートアップさせた。また、B1A4は『イゲ ムスン イリヤ ~なんで?どうして?』を5人のメンバー各自のアコースティック楽器演奏でスタートし、聴衆を集中させた。1部の最後のステージは、EXOが『オオカミと美女』、『Growl』等のヒット曲メドレーで華麗に飾った。

2部の最初の舞台はイ・スンチョルが『My Love』等で幕を切り、続いてK.Willが『Love Blossom』を歌い、タップダンスの振りつけやブラスなどで一層豊かな舞台を演出した。グループ4minute、Sister、INFINITE、BEASTなどの公演が続いた。この日、3冠王となった上がったSHINeeは強烈なレーザーショーでファンの視線を釘付けにした。大賞が発表される直前には、去る20~21回ソウル歌謡大賞で大賞を連続受賞した少女時代が『I Got A Boy』を歌った。EXOは大賞を祝う舞台で『Growl』を改めて熱唱し、授賞式のラストを飾った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    EXO、「ゴールデンディスク」に続き「ソウル歌謡大賞」大賞の栄誉

    2014.01.24 09:31
    뉴스 메뉴 보기
    グループEXO(エクソ)。
    TOP