주요 기사 바로가기

中国内で「抗日韓流」…重慶の光復軍総司令部の建物も復元へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.23 09:16
0
中国政府が重慶市にあった韓国光復軍総司令部を復元することに決めた。22日、国家報勲処によれば重慶市は、2014年の目標として復元中の大韓民国臨時政府庁舎のそばに韓国光復軍総司令部の建物を移築・復元すると伝えてきた。臨時政府庁舎から1.6キロ離れたところにある韓国光復軍の総司令部の建物はこれまで飲食店や衣料品店として使われ、事実上ほとんど放置されており2009年、重慶市の開発計画により近く撤去される予定だった。

重慶市の決定過程には最近の安重根義士記念館設立など中国で起きている「抗日韓流」の動きが影響を及ぼしたという観測だ。報勲処関係者は「重慶市は中国政府が日本との戦争で内陸に追われて入った後、首都として最後まで抵抗した由緒深い都市」として「韓国政府の要請もあり、光復軍総司令部の建物を撤去することについて重慶市内部でも『生かすべきだ』という意見が強かったため」と説明した。

光復(解放)以前まで臨時政府の要人が活動した重慶市には4つの大韓民国臨時政府庁舎があった。このうち1・2代庁舎は火に焼けて焼失し現在は4代庁舎を完全に復元して観光客に開放している。現在復元中の庁舎は3代目の庁舎だ。金九(キム・グ)先生が『白凡逸志』の下巻を著した場所だ。

光復軍総司令部の建物には光復軍関連の展示室を作る計画だ。現光復軍建物の場所には、記念表示物を設置する案を推進している。移転および復元にともなう費用は報勲処が今後、重慶市と議論する予定だ。

◆国内政界は「安重根に再照明」=国内政界では中国ハルビンの安重根義士記念館の建設を機に、安義士への再照明を要求する声が高まっている。今まで未確認の安義士の遺体発掘事業に拍車をかけなければならないという注文が続いている。安義士は「祖国が独立したら遺体を収容して祖国に送ってほしい」という遺言を残していた。

セヌリ党のウォン・ユチョル議員は22日、党最高・重鎮連席会議で「2008年以後、中断された南北共同の安重根義士の遺体発掘事業を再開することを北朝鮮に正式に要請する」と明らかにした。与野党の議員95人が参加している「正しい歴史教育のための国会議員の集い」の代表でもあるウォン議員は「教育過程に安義士の義挙の歴史的意義、東洋平和論などを強化すべきだ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国内で「抗日韓流」…重慶の光復軍総司令部の建物も復元へ

    2014.01.23 09:16
    뉴스 메뉴 보기
    中国、重慶市渝中区鄒容路37号にある韓国光復軍の総司令部の建物。道路周辺の商店の後に見える建物で、現在は空き屋状態だ。
    TOP