주요 기사 바로가기

大学進学29%、青年失業は最低のスイス…韓国が学ぶべき点は?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.21 13:56
0
「ボルジア一族が統治した30年間、イタリアは戦争と恐怖、殺人のるつぼだったが、ミケランジェロやダヴィンチ、ルネサンスを生んだだろう。民主主義と平和に代弁される500年間でスイスは何を作ったのか。鳩時計だよ」。

古典映画『第三の男』で問題のセリフを吐いた悪党ハリー・ライムが今日の欧州の姿を見れば、まともに顔を上げられるだろうか。彼が称賛した芸術魂の国イタリアは、欧州経済危機の触発国の1つとして世界に「迷惑」をかけている一方、皮肉の対象だったスイス時計は、最も重要なアルプスの強小国を代表するプレミアム製品になったためだ。時計だけではない。私たちには観光大国として知られるスイスは、実は化学・精密工学・製薬・コンサルティング・金融・ソフトウェア・機械などで世界最高水準の製品とサービスをつくり出している製造業とサービス業の最強国だ。

世界最上圏であるスイスの各種指標の中で最近になってより一層目につく指標が、まさに失業率だ。全国経済人連合会が20日に出した「似ているようでとても違う韓国とスイス」資料によれば、スイスは世界的な景気低迷と失業大乱の中でも経済協力開発機構(OECD)諸国のうちで最低水準の7.0%の青年失業率(15~24歳)を維持している。昨年、青年失業率が9.3%だった韓国の立場からすれば、うらやましい数値だ。スイスの低い失業率に関連して特に注目されるのが、大学進学率だ。スイスの大学進学率は29%で、71%を超える韓国の半分にも達していない。訣は何だろうか。
大学進学29%、青年失業は最低のスイス…韓国が学ぶ힂き点は?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP