주요 기사 바로가기

<大リーグ>田中、イチロー越えで日本人歴代最高年俸か

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.01.21 10:48
0
最近、日本メディアは楽天投手・田中将大(26)の話題で持ち切りだ。日本プロ野球のスーパースターが米メジャーリーグ進出を控えているからだ。昨年のこの時期、柳賢振(リュ・ヒョンジン、LAドジャース)がメジャー進出を控えていたが、当時の韓国の雰囲気と似ている。

21日には田中の年俸に関する報道があった。スポーツ報知はこの日、「メジャー入りを目指す楽天・田中将大投手の年俸が、日本人史上最高額を大幅に更新する2000万ドル(約21億円)以上となることが確実となった」と伝えた。

田中は日本プロ野球で最高の投手。2013シーズン24勝無敗、防御率1.27をマークした。米国現地では田中が6-7年基準で総額1億ドル以上を受けるという話が出ている。年平均では2000万ドルにならない。しかしニューヨーク・ヤンキース、LAドジャース、アリゾナなど多くの球団が田中獲得競争に参入し、金額が上がっている。

スポーツ報知は「複数の大リーグ関係者の話を総合すると、最終候補に残っている全球団が、スーパースターの証しといえる年平均2000万ドル以上となる条件提示をしているという。まだ米国で1球も投げていない右腕の評価は桁外れだ」と伝えた。

これまで日本人メジャーリーガーのうち年平均2000万ドルを受けた選手は一人もいない。最高年俸はイチロー(ニューヨーク・ヤンキース)が持つ。イチローは2008年、シアトルと9000万ドルで5年契約した。年平均1800万ドルだった。

ダルビッシュ有(テキサス)と松坂大輔(ニューヨーク・メッツ)はメジャーリーグに進出した当時、年平均1000万ドルにもならない6年・5600万ドル、6年・5200万ドルでサインした。もちろん2人の投手はメジャー球団が日本プロ野球の元所属チームである日本ハム、西武に支払う移籍料が5000万ドルを超えた。

これに対し田中の場合、ポスティングシステムの改定で2000万ドルが移籍料の上限ラインとなったため、メジャー球団が年俸に投資する余力がそれだけ大きくなった。また、一つの球団に独占交渉権を与えるのではなく、多数の球団が競争できるため、年俸が上がる。

米スポーツ専門サイトESPN.comはシカゴ・カブスが年俸2500万ドルで6-8年契約を準備中と伝えた。田中の年俸および獲得球団は25日午前7時までに決定する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>田中、イチロー越えで日本人歴代最高年俸か

    2014.01.21 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    田中将大(26)。
    TOP