주요 기사 바로가기

米国と中国がシェールガス市場で決闘(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.14 13:11
0
中国最大の石炭開発会社神華グループは5日、米デンバーに本社を置くECAと組んで合弁会社を設立した。米ペンシルバニア州グリーンカウンティにある25カ所のシェールガス鉱区を開発するためだ。神華グループは9000万ドルを投資し、ECAは運営を担当する。神華グループは声明を通じ、「今回の投資で大きな収益を得ることは期待していない。シェールガス開発に必要な先進技術を習得するのが主な目的だ」と明らかにした。

中国は世界最大31兆5733億立方メートルの埋蔵量を誇るが、シェールガスを見つけても採掘する技術が不足している。そこで北米の探査開発専門企業を買収することに力を入れている。昨年中国石油化工集団(SINOPEC)は22億ドルを投じて米国のシェールガス開発会社デボンの株式を取得した。中国海洋石油総公社(CNOOC)はカナダのネクソンを151億ドルで買収した。これら企業が持っているシェールガス探査開発技術が攻略対象だ。

中国国家エネルギー局の張玉清代表は7日、中国政府のエネルギー政策を発表する席で、「環境汚染が激しい石炭・石油への依存を減らすためにもシェールガス開発を積極的に推進していかなければならない」とし国営企業の奮発を促した。フィナンシャルタイムズは、「中国政策当局者はエネルギー費用と輸入を同時に減らす役割をした米国のシェールガス革命をうらやましい視線で見つめている」と理由を説明した。

米国で始まったシェールガス開発競争が全世界に拡散している。中国と北米企業の競争が代表的だ。中国は米国企業が持つ技術に、米国は中国の豊富な埋蔵量を狙う格好だ。

欧州のロイヤルダッチシェル、ブリティッシュペトロリアムのような大手石油会社も同様だ。技術と資産を武器にシェールガス埋蔵量が豊富な国に先を争って進出している。
米国と中国がシェールガス市場で決闘(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP