주요 기사 바로가기

【コラム】北東アジア情勢に米国との同盟…韓国に必要なのは“魔性の外交”

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.01.13 16:03
0
外交は恋愛と似ている。恋愛で結ぶ関係はrelationship、外交関係はrelationだ。関係を結ぶ目的はただ1つ、うまくやろうということだ。だが数多くの恋愛が、涙に濡れた焼酎の杯で終わるように、外交もやはり多くの場合、いばらの道を歩く。

外交は恋愛とは違う。恋愛は、終われば、見なければ(あるいは見えなければ)いい。外交は国を移さない以上、終わりにできない。愛と憎しみは紙一重の差だから、数多くの恋愛が暴言によって衰退するが、外交は表情・言葉だけは礼儀正しくなければならない。

韓日中の3カ国はどうだろうか。中国の「口」である華春瑩・外交部報道官は9日、公式の記者会見で日本の軍国主義をめぐり「歴史上、最も暗い悪魔」という単語を使った。英国駐在の日中大使はお互いを「ヴォルデモート(『ハリー・ポッター』に登場する魔王)」と呼ぶ新聞寄稿をやりとりした。正統な外交官としては、どん詰まりとも言える暴言を吐いたわけだ。

韓国もやはり連打された。先月26日、日本の安倍晋三首相が靖国を参拝したのに続き10日には野田佳彦元首相が朴槿恵(パク・クネ)大統領について「告げ口をする女子学生のような外交をする」と述べた。政治家としての寿命延長を望む野田元首相の意は分からないでもないが、彼の話にはリーダーの品格がない。彼は安倍首相を批判する中でこのような発言をしたが、結局は韓国に対する浅い考えを露出してしまった。ここで怒りに出れば下手(したて)だ。独島(ドクト、日本名・竹島)挑発に対して小指を切るような真似をするといっても痛いのはその指だけ。

イム・ギョンソン作家の『魔性の女VS惰性の女』を思い出す。イム作家は「惰性の女は『寒いね』と言いながら恋人の顔色をうかがって、魔性の女は彼のポケットに手をすっと入れる。惰性の女は彼に会えない日はほかの男に会って、魔性の女は1人で自分の魅力を磨き上げる」とした。惰性に慣れた女性(残念なことに多くの女性)は、下心を持って他人の顔色をうかがう一方、魔性に燃える女は自分だけのコンテンツを持って駆けていく方法も知っているという意だ。外交もこのようにするべきではないだろうか。

韓日は太平洋を渡って米国という「男」を間にした三角関係の女のようだ。米国はどの道2人に心をすべてささげるつもりはないが、強力に登場した中国という「隣の男」が気になる。ここに韓国という女の弟(妹)格の北朝鮮が危険なやっかい者として管理対象だ。絡み合ったこの四角関係は、アレクサンダー王がゴルディアスの結び目を剣でバッサリと断ち切ったように、一刀両断で解決することもできない。この地域に生まれた以上、一生抱いて行かなければならない。

どうせなら魔性の女のように外交をしたらどうだろうか。表情だけを見ずにポケットに手をすっと入れたり、1人だけの魅力を磨いてほかの人々が足もとに歩みよって求愛したりするように。外交にも「グリーンライト(JTBCのバラエティ番組『魔女狩り』の中で、好感を意味する隠語)」がともることを願う。

チョン・スジン国際部門記者

(中央SUNDAY第357号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP