주요 기사 바로가기

【噴水台】法治の元祖・韓非子が朴槿恵大統領の法と原則を見れば

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.09 16:17
0
非を打つところもなく、理屈にかない、誤った点も見当たらないが、聞く人は終始もどかしく感じた。朴槿恵(パク・クネ)大統領の記者会見を見た率直な感想だ。自分一人だけかと思ったが、その後の論評などを聞くと、似た印象を受けた人は多いようだ。その原因を考え、韓非子にもう一度目を向けた。私たちが法治を理解できず大統領を誤解しているのかもしれないという考えからだ。ところが韓非子と朴大統領の法治は少しずれている。例えばこうだ。

大統領はこう述べた。「疎通の前提条件は遵法社会を作ることだ」。しかし韓非子は大統領が前提条件とした法治の完成を政治の目的と見た。法治を完成するには君主の術治、すなわち政治が最も重要だ。いわば、遵法社会を作るのが君主の仕事であり、これに政治の技術が必要ということだ。韓非子には政治が法治の前提条件だ。

大統領は「国民と多様に疎通した」と強調した。ただ、不法にごねる勢力と妥協しなかっただけだ。政治術はごねる人たちのために必要なものだが、誠実な国民とだけ疎通したのが政治的疎通なのだろうか。また、韓非子は地位によってやるべき役割が違うと言った。君主は官吏を治め、官吏が民を治めるということだ。一人ですべてはできないからだ。君主は臣下の能力を見て地位に就かせ、臣下に仕事を任せなければならない。この時、君主の徳目は“隠密”だ。君主が特定のことに関心を見せて口出しすれば、臣下は君主の表情ばかり気にするため、心を表さず臣下を働かせ、目的を達成するのが術治だ。

大統領は法と原則に基づく厳重な対応を強調した。“不通”イメージが「非正常の正常化」過程に対する曲解であることを示唆したりもした。私たちは心から法と原則が通じる社会を望む。ところがこの部分で大統領の法と原則に疑問を感じるのはなぜだろうか。韓非子は「法は水のように公平でなければならない」と述べた。ところが公企業天下りを非正常という新政府でも天下りは相変わらずで、青瓦台(チョンワデ、大統領府)・国家情報院の関係者が「個人的逸脱」で敏感な個人情報(蔡東旭婚外子疑惑事件関連)を収集した事実が度々出てくる。もしかすると、このように正常に見えない状況の突出が、大統領の法と原則が公平かどうかに対して疑問を抱かせるのかもしれない。

もちろん戦国時代の諸侯国と民主社会の事情は違う。しかし法治を追求しながら、法治の元祖・韓非子に助言を求めるのは道理にかなう。韓非子なら、このように助言しなかったのだろうか。「人間は本来、自分の利益を追求する存在であるため、君主はまず衝突する利害関係をよく把握し、混乱の原因を除去する政治術を発揮しなければならず、法は固定されたものではなく、現実に合うよう直すべきであり、民に利益となるよう法を探すのが君主の仕事だ」と。

ヤン・ソンヒ論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】法治の元祖・韓非子が朴槿恵大統領の法と原則を見れば

    2014.01.09 16:17
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=キム・フェリョン記者。
    TOP