주요 기사 바로가기

【社説】寛容・安全はOECD最下位、他人への配慮が足りない韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.09 13:14
0
持続可能な発展を支える3つの軸は経済・環境・社会だ。国際社会で1人あたりの国民所得や国民総生産が高いからといって、先進国扱いを受けるわけではない。経済成長をしながらも階層・世代・領域間で調和しなければならず、環境の質も改善してこそ、本当の先進国になることができる。こうした面で、最近パク・ミョンホ韓国外国語大経済学科教授が発表した「指標を活用した韓国の経済社会発展研究」の結果は、韓国社会に大きな警鐘を鳴らしている。成長動力・社会統合・環境の3つの分野に分け、分野別の国家順位をつけたのだ。

研究の結果、韓国の成長動力は経済協力開発機構(OECD)31カ国のうち13位と、中位圏だった。2000年代に入り成長の勢いはやや弱まったものの、他の加盟国に比べるとまだ良好な成果を出している。半面、社会統合の順位は24位、環境は25位と、下位にとどまっている。経済に比べ環境と社会のレベルが低い、不安定な構造をしているということだ。さらに環境分野の場合、レベルは低い方だが、改善ペースは速かった。しかし社会統合分野は平均より低く、改善のペースも遅かった。

特に、社会統合分野のうち寛容と安全の部門が問題だ。障害者・労働者関連法律の数、他人に対する寛容な態度、外国人の比率など寛容部門の指標が31位と最下位だった。失業率、高齢者に対する社会支出、高齢者雇用率、自殺率、収監者の数など、安全部門の指標も最も低かった。恥ずかしい大韓民国の肖像だ。人に対する配慮が不足し、危険を感じる社会で、ポケットにお金が入ってくるだけで幸せになるだろうか。朴槿恵(パク・クネ)大統領は新年の記者会見で特に経済成長を強調した。もちろん経済成長は重要な課題だ。しかし社会統合分野で新しい道を見いださなければ、持続可能な発展は保証されない。社会的な配慮と安全の責任を担う政策決定者は奮発しなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP