주요 기사 바로가기

【社説】朴槿恵大統領の新年記者会見、疎通の開始になるべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.07 13:11
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は昨日の記者会見で、国の元首、行政府の首班として今年の国政運営の青写真について一目瞭然に説明した。朴大統領が提示した「経済革新3カ年計画」「統一時代の基盤構築」という2大課題は、いま大韓民国が直面している危機的状況と挑戦的ビジョンをよく反映している。政界内外で出ている内閣改造や改憲のような敏感なイシューについて簡潔かつ明確に答えることで、透明性と予測性を高めた。

ただ、第一野党の民主党の要求と主張を一刀両断式に拒否したのは残念だ。朴大統領は「(国家情報院疑惑事件の)特別検察官導入は裁判中であり、大統領として言及するのは適切でない」「非正常的な慣行に原則的に対応するのを『疎通がない』というのは困る」「社会大妥協委員会の構成は従来の労使政委員会に集中し応援するのが先だ」などと答えた。

キム・ハンギル民主党代表は会見前、「多くの国民と民主党が大統領に要求したことに答える記者会見を期待する」とし、大統領が答えるべき対象に特検の受け入れ、疎通不足、社会大妥協委員会の構成を提示した。民主党が代弁する政治的反対層と国会での地位を考慮し、耳を傾けて理解する誠意ある姿が必要だった。「言葉一つで千両の借りを返す」という言葉もある。懸案別に、できなければその理由を詳しく説明したり、論争がある部分で一度会って話を聞くと言えば、もっとよかったはずだ。

大統領の疎通は今からだ。今後さらに記者会見、懇談会、国民との対話を開き、野党を含む政界と会う機会を持たなければならない。そうすることで新年の会見が疎通開始の契機になったという評価を受けることを願う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP