주요 기사 바로가기

SUPER JUNIORイトゥクの父、自殺か…SM「イトゥクは悲しみにくれている」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.01.07 10:18
0
グループSUPER JUNIORメンバーのイトゥク(31、本名パク・ジョンス)が父親(57)と祖父母(84、79)を同時に失った。

3人はソウル銅雀区新大方洞(トンジャクク・シンデバンドン)の自宅で6日9時20分頃、遺体で発見された。死亡推定時刻は5日午後11時頃。当初、3人は車に乗っていて交通事故に遭ったと報道されたが、警察は心中したと見て経緯を調査中だ。イトゥクの祖父母は数年前から認知症を患っていたことが分かった。現場からは「両親は私が連れていく」という内容の遺書が発見された。

所属事務所のSMエンターテインメント側は「イトゥクは悲しみにくれている。遺族たちも家族の悲報についての詳細な内容や推定事項がそのまま記事化されることについて苦しんでおり、静かに故人を見送ることを望んでいる」として「遺族たちに代わって刺激的な報道の自制を心よりお願いしたい」と伝えた。

2012年に入隊したイトゥクは芸能兵士(国防広報支援隊員)として服務中に制度が廃止されて、前方部隊に再配置された。7月28日に除隊する予定。イトゥクは7日に父親と祖父母の死去の知らせを聞いて葬儀場へ向かった。イトゥクの父親と祖父母の合同葬儀室はソウル九老区(クログ)にある高麗(コリョ)大学九老病院の201号葬儀場に用意された。出棺は8日。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    SUPER JUNIORイトゥクの父、自殺か…SM「イトゥクは悲しみにくれている」

    2014.01.07 10:18
    뉴스 메뉴 보기
    SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイトゥク。
    TOP