주요 기사 바로가기

<フィギュア>キム・ヨナ、ダブルアクセル失敗も227.86点で優勝

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.01.06 10:25
0
“フィギュア女王”キム・ヨナ(24)の演技はさらに成熟していた。歴代最高のプログラムと評価される2010バンクーバー冬季オリンピック(五輪)に匹敵する結果も期待される。

キム・ヨナは5日、京畿道高陽オウリムヌリスケートリンクで開催された第68回全国男女フィギュア総合選手権大会の女子シングルシニアのフリーで147.26点(技術点70.05点+芸術点77.21点)を受けた。前日のショートプログラムで80.60点と自己最高点をマークしたキム・ヨナは合計227.86点で、同大会2連覇を達成した。国内大会とはいえ、2010年バンクーバー冬季五輪当時の228.56点(SP78.50点+フリー150.06点)に迫る高い点数だった。

キム・ヨナはフリーで2度のジャンプミスがあった。ダブルアクセル+ダブルトーループ+ダブルループ連続ジャンプのうちダブルループを跳べなかった。また最後のジャンプのダブルアクセルは1回転で着地した。しかし全体的には本人が望む結果がそのまま表れた。

キム・ヨナは最初のジャンプである基本点10.10点のトリプルルッツ+トリプルトーループ連続ジャンプを見事に決めた。昨年12月のゴールデンスピン・オブ・ザグレブではこのジャンプができず、点数が予想より低く出た。しかしこのジャンプを成功させ、10.10点に加算点1.66点がついた11.76点を受けた。その後、トリプルフリップ(基本点5.30+加算点2.01)を受けたキム・ヨナは、トリプルサルコウ+ダブルトーループ(基本点5.50+加算点1.49)ジャンプも無難にこなした。

キム・ヨナが今大会で最も重点的にチェックしたステップ、スピンも高い点数を受けた。ゴールデンスピンでレベル3だったステップシークエンス、レベル1に終わったチェンジフットコンビネーションスピンはともにレベル4を受けた。加算点もほとんど1、2点がついた。それだけスピンとステップが正確かつ精巧になった。

芸術性もさらに高まった。キム・ヨナはフリーで芸術点77.21点を受けた。ゴールデンスピン大会の71.52点より5.69点高い。特に曲の解釈能力では3人の審判から10点満点を受けた。スケート技術(9.69点)、動作の連結(9.44点)、演技力(9.66点)、振りつけ(9.72点)、曲の解釈(9.75点)とも9点台の高い点数を受けた。

普通8.5点以上なら最上級の点数と評価されるが、キム・ヨナはその限界を越えた。それだけにキム・ヨナも今大会に満足していた。キム・ヨナは「少しミスがあったが、全体的に満足している。最初のクロアチア大会より自信もついた」とし「ソチ冬季五輪しか残っていないが、最後の大会もよい気持ちで臨めそうだ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>キム・ヨナ、ダブルアクセル失敗も227.86点で優勝

    2014.01.06 10:25
    뉴스 메뉴 보기
    フィギュアのキム・ヨナ。
    TOP