주요 기사 바로가기

部品価格を引き下げた輸入車、韓国に押し寄せる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.03 15:30
0
昨年の韓国市場で販売が急増した輸入車企業が、今年も年初から総攻勢に出ている。野心を抱いて準備した新車が次々と発売を控えている中、部品およびサービス価格も引き下げられている。

輸入車企業は昨年1-11月に14万4092台を販売し、前年同期比20%近い成長となった。韓国輸入自動車協会によると、今年の韓国国内の輸入車販売台数は17万4000台と予想されている。

先鋒は新車だ。第一走者は6日に発売されるアウディA3セダン。この車はセダンの人気が高い中国と北米市場向けに開発された。A3の以前のモデルはもちろん、国内プレミアム小型車市場のライバルであるベンツAクラス、BMW1シリーズ、フォルクスワーゲン・ゴルフなどがすべてハッチバックという点を考えると、確実に差別化している。ゴルフのセダン型のジェッタなどと競争すると予想される。A3セダンはエンジンと車体の一部をアルミニウムにし、1550キロの重量を1300キロ前後に減らした。よりいっそう軽快な走行が可能だ。韓国では2.0 TDIエンジンを搭載したディーゼル車が販売される予定だ。

翌日の7日には日産の7人乗りスポーツタイプ多目的車(SUV)「パスファインダー」が登場する。1986年に初めて登場した日産の代表SUVで、国産最大SUVの起亜車「モハベ」よりも大きく、室内空間に余裕がある。価格は5000万ウォン(約500万円)台前半・中盤となる見込みだ。

メルセデスベンツも小型クーペのCLAクラスを今月中旬に出す予定だ。Aクラスとプラットホームを共有するCLAクラスは1.6Lと2.0Lガソリン、2.0Lと2.2Lディーゼルなど、多様なエンジンを搭載して販売される予定だ。2.2Lディーゼルモデルは170馬力、3.7kg・mのパワーを誇る。

フランス車の2モデルも注目されている。早ければ2月中に発売されるプジョー2008は最近人気のコンパクトSUVの最新作。イタリア自動車記者連合が最高の新車に与える「2014オートヨーロッパアワード」を受賞した。早くから国内販売が決定していたシトロエングランドC4ピカソは、英BBC放送局が出版する自動車専門誌「トップギア」で「今年のベストファミリーカー」に選ばれたミニバンだ。

価格競争も佳境に入る。メルセデスベンツは2日から約6000個の部品の価格を引き下げた。ブレーキオイルなど主要消耗品類とドア・バンパーなど外装部品価格が平均3.4%、最大28%引き下げられる。トヨタも2日から3カ月間、工賃を含めて20万ウォン以上の整備を受ける顧客に整備価格を20%割引することにした。

自動車割引販売も続く。ホンダは1月の1カ月間、クロスツアーを700万ウォン、シビックハイブリッドを600万ウォン、オデュッセイを200万ウォン、アコード3.5モデルを200万ウォン割引する。日産もジュークと2014年型アルティマの購買顧客に最大24カ月無利子分割払いを提供し、現金で購買する場合は100万ウォン相当の燃料費商品券を贈呈する。今年から2000cc以上の車の個別消費税が7%から6%に下がり、輸入車価格が基本的に数十万ウォンから100万ウォン台まで割引されるという点も魅力ポイントだ。

一方、現代・起亜車は昨年、世界で754万8477台(暫定値)を販売し、2012年(712万台)比5.9%成長したとこの日、明らかにした。海外販売台数は増えたが、国内販売台数は前年比4%ほど減った。現代・起亜車は今年、世界販売目標を786万台に設定している。昨年、双竜車は14万5649台(前年比20.7%増)、韓国GMは78万518台(2.5%減少)、ルノーサムスンは13万1010台(15.1%減少)を販売した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    部品価格を引き下げた輸入車、韓国に押し寄せる

    2014.01.03 15:30
    뉴스 메뉴 보기
    アウディA3セダン(上)と日産パスファインダー(下)
    TOP