주요 기사 바로가기

【社説】120年前の歴史から韓国が学ぶこと

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.03 08:44
0
人間が歴史を振り返るのは過去から学ぶためだ。現在の目で過去を見て、そこから得た教訓で現在を理解し、未来に対応する。第1次世界大戦勃発100年を迎えた欧州の学界・メディアが1914年を振り返り、2014年の甲午年の入り口で韓国が120年前の甲午年を考える理由だ。

今日の韓半島(朝鮮半島)情勢は120年前と似ているという声が多い。時代の流れと情勢を正しく読み取れず、列強の角逐の場に転落し、国権侵奪の侮辱を受けた当時と似ているということだ。半分は正しく、半分は違う言葉だ。強大国の間で微妙な選択を要求されていて、国論が分裂し、葛藤を経験しているのは似ている。しかし韓国は無知蒙昧な弱小国の朝鮮ではない。グローバル体制に完全に編入された世界15位の経済大国だ。それでも120年前の暗鬱な状況を思い出させる決定的な理由は、不合理な韓半島分断体制のためだ。

南北が今のように敵対的で消耗的な対立状態を続ければ、韓半島は米中2強構図の隙間で綱渡りを続けるしかない。再武装と軍事大国化の動きを加速している日本が北東アジアで起こしている波風に苦しむ可能性も高い。北朝鮮の核を頭にのせて暮らさなければならない韓国の選択幅は制約的になるしかない。韓半島に暮らす7500万人の民族の現在と子孫の未来を考えれば、党派的な利益に埋没して民族的な悲劇を自ら招いた120年前の愚を犯してはならない。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は「新年の辞」のほぼ半分を経済に割きながら、南北関係の改善を促した。北朝鮮の事情がそれだけ厳しいと考えられる。北朝鮮の挑発の可能性に備えるべきだが、一方では北朝鮮が差し出す手を握る勇気と雅量も必要だ。南北が力を合わせて息詰まるような韓半島状況を主導的に打開しなければならない。その糸口を5・24措置の解除から探すことは避けられない。開城(ケソン)工業団地の国際化と羅津・ハサンプロジェクト投資のためにも5・24措置の解除は現実的に必要だ。

2010年の韓国哨戒艦「天安」爆沈の責任を問うて李明博(イ・ミョンバク)政権は北朝鮮との人的・物的交流を全面中断する5・24措置を取った。「天安」事件について北朝鮮が謝罪し、責任ある措置を取らない限り、韓国が一方的に5.24措置を解除するのは難しい。北朝鮮が先にきっかけを作る必要がある。具体的な案は南北が水面下接触を通じて協議できるだろう。

韓半島の運命は重大な分岐点に立っている。周辺情勢に受動的に流されるのか、それとも私たち自らの力で新しい運命を切り開くのか、その選択は私たちにかかっている。北朝鮮が苦境に立っている今こそ、朴槿恵(パク・クネ)政府が主導的かつ積極的に動くタイミングだ。それが120年前の歴史から私たちが学ぶ教訓だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP