주요 기사 바로가기

韓国部隊の近くで激しい交戦…南スーダン反乱軍側「交渉団送る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.02 11:29
0
韓国軍派兵部隊ハンビッ部隊が駐留する南スーダン・ジョングレイ州の州都ボルが火炎に包まれた。マシャール前副大統領を支持するヌエル族反乱軍と「白い軍隊」がボル再奪還を狙って近隣まで進撃し、政府軍と交戦した。「白い軍隊」は1991年に南スーダンの最大部族ディンカ族約2000人を殺害した「ボル大虐殺」の主犯だ。

南スーダン政府のマイケル・マクエイ・ルース報道官は昨年12月31日(現地時間)、ブルームバーグ通信との電話で、「現在ボルが攻撃されている。政府軍と反乱軍が交戦中」と話した。英BBC放送も国連関係者の話を引用し、「大きな戦闘があった」と伝えた。正確な戦闘状況や死傷者の規模は伝えられなかった。ロイターは反乱軍がボルの核心地域の一部を奪還したと報じた。

これに先立ち南スーダン政府軍の人民解放軍(SPLA)のフィリップ・アグエル報道官は30日、ロイター通信に対し「白い軍隊がボルから40キロの地域で民家を燃やして進撃し、住民約7万人を避難させた」と話した。31日は、アフリカ連合(AU)など国際社会がマシャール側に対し、武装解除をして交渉に出てくるよう勧告したデッドライン。

マシャール前副大統領はこの日、BBCとのインタビューで、「政府と平和交渉を始める準備ができている」とし「エチオピアの首都アジスアベバに3人で構成された平和交渉団を派遣する」と述べた。南スーダン政府も平和交渉の開始には同意したと、ロイターは確認した。

双方が交渉テーブルに出てくるとしても、南スーダンの紛争が早期に解決されるかどうかは不透明だ。交戦が続いているうえ、政府が収監されたマシャール側の人物を釈放しろという反乱軍の要求を受け入れる可能性は低い。これに先立ち南スーダン政府は反乱軍との共同政府構成の可能性を一蹴している。ハンビッ部隊は31日、国軍合同参謀本部が空輸した実弾など軍需物資を受け取る予定だった。

南スーダンの状況が悪化すると、南部接境国ウガンダのムセベニ大統領は軍事介入も示唆した。国連は半月間続いた南スーダン紛争で約1000人が死亡し、約10万人の難民が発生したとみている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP