주요 기사 바로가기

節酒文化広がる韓国、5年間にアルコール性胃炎33%減少

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.30 13:29
0
適量の飲酒を楽しむ文化が広がり、“酒病”も減っている。19日の健康保険審査評価院によると、昨年アルコール性胃炎で診療を受けた患者は1万4546人と、2008年の2万1828人に比べ約7000人(33.4%)減った。

アルコール性胃炎は乱酒や暴飲によって生じる代表的な病気。アルコールが胃の粘膜を傷つけ、胸の部位の痛みや嘔吐を誘発することもある。飲酒後に内視鏡検査をすると、胃の粘膜に出血がみられ、ひどい場合は潰瘍を起こす。

アルコール性胃炎患者は40-50代の中年男性に集中している。昨年を基準に全体患者のうち男性(72.2%)が女性(27.8%)に比べ2.6倍も多い。男性は50代(29.2%)が最も多く、40代(22.8%)、60代(14.9%)が後に続いた。

一方、女性は20代(27.4%)が最も多く、男性と対照的だった。20代以降、結婚をし、子どもの養育や家事などで飲酒の機会が自然に減るためとみられる。男女全体では50代(25.7%)が最も多かった。

アルコール性胃炎の患者が減っているというのは、それだけ酒を飲まなくなったということを意味する。実際、韓国の酒類消費量は2007年以降、減少傾向となっている。韓国酒類産業協会によると、15歳以上の1人あたりのアルコール消費量は2007年の9.46リットルから2011年にへ9.18リットルに減った。「死ぬほど飲もう」から「適量の酒を楽しもう」という節酒文化の広がりも影響したとみられる。

審査評価院の関係者は「アルコール性胃炎を予防するためには禁酒が最善だが、量を減らしても効果はある」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP