주요 기사 바로가기

幹部らの前で…張成沢、部下7人とともに処刑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.30 09:07
0
北朝鮮が12日に国家転覆陰謀容疑で張成沢(チャン・ソンテク)前労働党行政部長を処刑する際に部下7人を一緒に処刑したことがわかったと韓国政府当局者が29日に明らかにした。

同関係者は、「張成沢が12日の国家安全保衛部特別軍事裁判直後に処刑された際、労働党幹部2人と内閣2人、軍2人、企業所支配人1人の7人が一緒に処刑されたと承知している」と明らかにした。情報当局は当時処刑された人物は党副部長と課長級と判断しており、具体的な身元は確認中としている。

関係者は、「処刑は軍事裁判が行われた平壌(ピョンヤン)の保衛部内で行われた。張成沢のすべての職位を剥奪し失脚させる決定を下した8日の党政治局拡大会議に参加した主要幹部が参観する中で処刑された」と話した。主要幹部に処刑を見せたのは金正恩(キム・ジョンウン)唯一体制に反旗を翻す場合には同じ境遇になるということを示すための恐怖政治の一環というのが韓国政府当局の分析だ。

北朝鮮は11月下旬に張成沢の手足の腹心とされる李竜河(イ・ヨンハ)行政部第1副部長と張秀吉(チャン・スギル)副部長を処刑するなど粛清を本格化した。最近も朴光哲(パク・グァンチョル)駐スウェーデン大使を召還するなど今回の事件に対する調査を継続している。だが、北朝鮮の人権問題に対する国際社会の圧迫を最小化し住民たちに度量の大きさを誇示するため追加処刑は慎重にするようにとの金正恩(キム・ジョンウン)の指示があったものと情報当局はみている。

北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正恩が最近軍哨兵大会参加者らと撃術訓練を参観したと報道した。金正恩は「鉄甕城のように守護できるようしっかり準備された」と満足感を示したと同通信は伝えた。統一部当局者は「最近中朝国境警備強化などを促すため哨兵大会を参観したとみられる」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP