주요 기사 바로가기

韓国、フィリピン空港のマスタープラン事業を受注(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.27 14:56
0
韓国の空港が世界に“輸出”されている。運営効率とサービス面で世界最高レベルという評価を受け、“空港韓流ブーム”が起きているのだ。

仁川(インチョン)国際空港公社は26日、フィリピン国家空港開発マスタープラン事業者に最終選定されたと明らかにした。島国で観光国家のフィリピンは、全国に計85カ所の空港があり、うち13カ所が国際空港。昨年、約6000万人の旅客が空港を利用した。これら空港全体の発展戦略と段階別開発計画を韓国が引き受けることになったのだ。事業期間は2015年6月までの18カ月で、事業費は計258万ドルだ。韓国が外国の個別空港を相手にコンサルティングをしたことはあったが、国家単位の計画全体を引き受けるのは今回が初めて。

仁川空港公社のキム・ハクチョル海外1グループ長は「国家マスタープランを組むことになれば、空港別の開発スケジュールなどを細かく知ることになり、今後、国内の設計・エンジニアリング企業が関連事業を受注するのに大きく役立つだろう」と述べた。今回の事業受注は韓国国際協力団(KOICA)を通じて行われた。KOICAが政府開発援助(ODA)の一環としてフィリピンの空港マスタープランを支援し、この事業を仁川空港公社が引き受けることになった。しかしこれに先立ち、セブ空港コンサルティング(2010-2011年)などを通じてフィリピン交通通信省の信頼を得たため、最終的な受注が可能だったというのが、公社側の説明だ。

仁川空港公社は今回の受注で海外事業実績が8カ国・17事業、累積受注額7064万ドルに増える。公社は2007年から担当部署を設置し、海外市場の開拓に取り組んでいる。その結果、2009年のイラク・アルビル空港をはじめ、毎年、ロシア・ネパール・バングラデシュ・カンボジア・インド・インドネシアなどで空港運営諮問、建設事業管理などの事業を受注した。特にロシア・ハバロフスク空港の場合、2011年に株式10%を引き受け、空港の運営に参加している。この空港はロシアの351カ所の空港のうち9番目に規模が大きく、連邦政府が極東地方ハブ空港として力を注いでいるところだ。
韓国、フィリピン空港のマスタープラン事業を受注榁2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP