주요 기사 바로가기

【中央時評】北朝鮮に芽生えるテルミドールの動き?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.26 17:16
0
映画の中の話が現実になると考えた人はほとんどいなかったはずだ。しかし驚くことにウォルトディズニーのアニメ映画『ライオンキング』の内容が北朝鮮で現実となった。

金正恩(キム・ジョンウン)第1書記がスイスから帰国した後、北朝鮮の人々はみんな『ライオンキング』を観覧しなければならなかった。同時にディズニーランドのミッキーマウスの画面も見ることになった。金正恩とともに表れたこうした動きは、北朝鮮版改革・開放の信号かもしれないという期待を呼んだ。しかし、こうした期待は私たちの“希望的な考え”にすぎなかった。延坪島(ヨンピョンド)砲撃、ミサイル発射、3度目の核実験に続き、いま北朝鮮から吹いてくる公開処刑の狂風を目撃することになったからだ。

周知のように『ライオンキング』はシェークスピアのハムレットをモチーフにした子ども向けの家族映画だ。叔父のクーデターで王国から追い出された主人公シンバ。シンバは故郷に帰って王位を取り戻すのか、それともそのまま座り込んで友人と楽しむのかをめぐって悩む。この時、王位を奪われた悔しさを訴える父の幽霊の姿に、シンバは叔父に対する復讐を決心し、結局、王位を取り戻すのに成功する。

北朝鮮で『ライオンキング』が初めて上映された時、この叔父が誰かを知るのは容易でなかった。専門家の間でもおそらく軍部ではなかろうかと冗談っぽく言葉が交わされただけだ。先軍政治から先経政治に方向を変えるような姿や第2人者に浮上した李英鎬(リ・ヨンホ)総参謀長の失脚で、こうした冗談は現実として表れるかと思われた。しかし『ライオンキング』の貪欲な叔父が党の行政と経済を掌握してきた叔父の張成沢(チャン・ソンテク)と明らかになり、私たちを驚かせた。

これに関し韓国メディアは「北の素顔」をこれほど鮮明に見たことはないなどと騒いでいる。しかし北朝鮮の素顔は今からさらに露骨に現れるのかもしれない。ヘーゲルの有名な言葉がある。いかなる実体であれ、その素顔は分裂する時に最もリアルに表れると。まさに金正恩体制が今後見せることになる姿なのかもしれない。いま北朝鮮ではテロで反対派を処刑した後、金正恩を神格化しようという偶像化の熱風が吹いている。しかしそうであるほど、内部の矛盾はさらに激しくなるしかない。
【中央時評】北朝鮮に芽生えるテルミドールの動き?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP