주요 기사 바로가기

「安倍首相の靖国参拝は妄動」…韓国政界、一斉に糾弾

ⓒ 中央日報日本語版2013.12.26 14:22
0
韓国の政界は26日、安倍晋三首相の靖国神社の電撃参拝を「妄動」だとして一斉に批判した。

セヌリ党の閔丙珠(ミン・ビョンジュ)報道官はこの日の論評で「恥ずべき過去の歴史を懺悔するどころか、侵略の歴史を美化して北東アジアの緊張を高める安倍首相の靖国神社参拝に強く糾弾し、深い遺憾の意を示す」と明らかにした。

民主党のパク・スヒョン院内報道官は記者会見で「安倍首相の没歴史的な行動について糾弾し、韓日関係だけでなく北東アジアの平和の秩序を壊すような妄動を止めることを促す」と明らかにした。

正義党のイ・ジョンミ報道官は記者会見で「日本の軍事大国化と右傾化は、日を追うごとに激しくなっている」としながら「靖国神社の参拝は、そうでなくても周辺国を不安に陥れて東アジアの平和を威嚇している日本の言動に、さらに大火をあげて釘を刺すような行動」と批判した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP