주요 기사 바로가기

少女時代ユナ、『総理と私』で総理夫人らしい優雅な復しゅうで“爆笑”

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.12.25 13:35
0
少女時代ユナが洗練された復しゅうで視聴者たちの注目をひきつけた。

24日に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの月火ドラマ『総理と私』ではナム・ダジョン(ユナ扮)が、いつも意地悪をする企画財政部長官の妻ナ・ユンヒ(ユン・ヘヨン扮)を困らせる様子が電波に乗った。ダジョンはボランティアをするという話を聞いてカジュアルな装いで長官夫人の集い「ユリの会」に参加し、正装する会員の中で恥をかかされた。それだけでなくユンヒの計略で会の食事代を払わされたり水を浴びせられたりする羽目に陥った。

雰囲気は新年バザー会の品目を決める時に180度変わった。会員がバザー会の品目にブランド物を選ぶと、ダジョンは「ここにおられる方々は皆さん公職者なのに、ブランド物のバザー会とはいかがのものでしょうか」と話して汚名挽回をしてみせた。続いて長官夫人にカエル人形を差し出して「この前、皆さんに会って深く悩みました。『ユリの会』会長として責任を全うするには何をしなければならないでしょうか。答えは1つ。『自分で手を動かそう』ということです。私たちが作った人形は全国各地の保育施設にある障害児童に送られるます。だから一針一針、心を込めて作ってください。1人当たり50体ずつお願いしますね」と優雅に命じた。そして新聞社記者を呼んで会員たちが針仕事をする姿を写真に撮らせて身動きできないようにさせた。

自分のやり方で「総理の女になる」プロジェクトを着々と実行しているダジョンの姿に視聴者たちは大笑いしながら声援を送っている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    少女時代ユナ、『総理と私』で総理夫人らしい優雅な復しゅうで“爆笑”

    2013.12.25 13:35
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ『総理と私』に出演中の少女時代のユナ。(写真提供=KBS)
    TOP