주요 기사 바로가기

<大リーグ>秋信守の契約に笑うダルビッシュと柳賢振…なぜ?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.12.23 11:15
0
秋信守(チュ・シンス、31)のテキサス行きに笑う2人の投手がいる。チームメートになったダルビッシュ有(27、日本)と韓国人メジャーリーガーの柳賢振(リュ・ヒョンジン、26、LAドジャース)だ。

◇日本メディア「ダルビッシュに心強い援軍」

日本メディアは22日、秋信守がテキサスとの契約でダルビッシュのチームメートになったという点を大きく報道した。スポニチは「秋信守獲得でテキサスは来季、より大きな破壊力を持つことになった。パワーが増した打線は、ダルビッシュがいるテキサスのマウンドを助ける」と伝えた。

日刊スポーツやデイリースポーツも「秋信守がダルビッシュ所属のテキサスと大型契約を結んだ。俊足の秋信守は守備にも定評がある。テキサスは大きな補強をすることになった」と評価した。

ダルビッシュは昨年メジャーに進出し、デビュー初年に16勝9敗、防御率3.90をマークした。今季は13勝9敗、防御率2.83をマークし、リーグ最高の先発投手として定着した。

秋信守のチーム合流はダルビッシュにとって朗報になるとみられる。テキサスは今季、ダルビッシュの奮闘にもかかわらず打線が振るわず、ポストシーズン進出を逃したという評価を受けているからだ。日本メディアがこの部分を集中照明した理由だ。

◇柳賢振「直接対決避けてよかった」

柳賢振は秋信守のテキサス移籍に「うれしい」と喜びを表した。柳賢振は22日に高麗大で開かれた野球教室で、「7月に対戦した時は非常に負担になった。1回だけだったが、負担が本当に大きかった。できるだけ会わなければいい」と語った。

柳賢振は7月28日、ドジャースタジアムで秋信守と直接対決をした。当時、柳賢振は秋信守に1四球を含む2打数無安打で“判定勝ち”した。9月のシンシナティ遠征では腰の痛みのため先発ローテーションから抜けた。

ドジャース(ナショナルリーグ)とテキサス(アメリカンリーグ)は所属リーグが異なる。来季は両チームの対戦がなく、2人の韓国人の投打直接対決はワールドシリーズに進出しない限り可能性はない。柳賢振は「ワールドシリーズでぶつかることになれば当然、勝負する」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>秋信守の契約に笑うダルビッシュと柳賢振…なぜ?

    2013.12.23 11:15
    뉴스 메뉴 보기
    ダルビッシュ有、秋信守、柳賢振(写真左から)
    TOP