주요 기사 바로가기

<大リーグ>秋信守、7年・1億3000万ドルでレンジャーズ移籍…イチロー超えアジア選手最高

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.23 08:57
0
月給が1400ドル(約150万ウォン)にしかならなかった2003年、秋信守(チュ・シンス、31)は夫人ハ・ウォンミさん(31)と一緒に米国で“ワンルーム”で生活した。月700ドルの2部屋のアパートを借り、別の選手の夫婦が部屋一つを使用し、また別の選手が居間で寝た。トイレと台所は共同で使用した。貧しいマイナーリーガー生活はほとんどそうだが、米国に知り合いがなく、言語と文化が違う秋信守には、一日一日が戦争だった。

10年後の2013年12月22日(日本時間)、米プロ野球メジャーリーグのテキサス・レンジャーズは球団ホームページに「FA(自由契約選手)秋信守と7年・1億3000万ドル(約1379億ウォン)で契約した」と発表した。秋信守とテキサスの契約はメジャーリーグ歴代27番目、外野手では歴代6番目の金額だ。秋信守は朴賛浩(パク・チャンホ、40、引退)が2002年にテキサスと契約した韓国人最高額(5年・6500万ドル)はもちろん、イチロー(41、ニューヨーク・ヤンキース)が2007年にシアトル・マリナーズと契約したアジア人最高額(5年・9000万ドル)も超えた。アジア人初の契約総額1億ドル以上の主人公になった秋信守と比較する他の種目の選手もいない。

挑戦精神と根性。秋信守の成功を開いたキーワードだった。釜山スヨン小学校で野球を始めた秋信守は20年間、一度も休まず、より高いところへ向かって挑戦した。秋信守は朴賛浩の活躍をテレビで見ながら、漠然とメジャーリーグを夢見た。釜山中-釜山高時代は常に最高の選手だったが、自主練習を最もよくする努力家だった。野球だけでなく、けんかもし、ゲームをする時も1位になるまで休まなかった。ロッテ・ジャイアンツが2001年、新人1位で秋信守を指名したが、秋信守は米国へ行った。安心や惰性との離別だった。高校最高の左腕といわれた秋信守は外野手で起用するというシアトルの提案を受け入れた。

秋信守はシアトルのルーキーリーグで苦労した。躍動的な南米の選手を見ると、メジャーリーグは全く手が届かない世界のようだった。秋信守は米国で韓国式に暮らした。朝から夜まで死ぬほど練習した。こうした努力の末、3回(2002・2004・2005年)フューチャーズオールスターに選ばれ、2005年5月にメジャーリーグにデビューした。メジャーに上がった後も秋信守の闘争は続いた。ポジションが重なるイチローが右翼手を譲らず、秋信守は10試合でまたマイナー行きとなった。結局2006年にクリーブランドにトレードされ、2009・2010年の2年連続、打率3割、20本塁打、20盗塁をマークした。

しかしその後は何度か大きなけがをし、左腕投手に弱い選手になっていた。今季を控えてシンシナティ・レッズでトレードされ、慣れていない1番・中堅手を務めることになった。今年、秋信守はメジャー最多の26死球と悪戦苦闘の末、打率2割8分5厘、21本塁打、20盗塁、107得点、112四球をマークした。メジャー最高の1番打者となった秋信守に対し、ESPNは21日、「四球が多い選手は年を取っても活躍する。7年契約の価値がある」と分析した。

秋信守が来年から2020年まで受けることになる1億3000万ドルは、1台2万ドルで輸出する現代車「ソナタ」6500台の価格に相当する。莫大な部品と人材が投入され、研究開発・マーケティング費用がかかる自動車とは違い、秋信守は健康な体と強い気持ちだけで付加価値を生み出した。自分が韓国人であることを同僚から認められるまでバットに太極旗(韓国の国旗)を入れた秋信守は、韓国スポーツ史上最高の“輸出品”と認められた。

初めて米国に行った時はアルファベットの大・小文字も区別できなかった秋信守は、底からはい上がって成功した。数多くの挑戦と闘争の末、秋信守は全盛期の年齢でFA選手となり、スポーツ財閥と呼ばれほどの富をつかんだ。秋信守が昨年までプレーしたクリーブランドの地域新聞プレーンディーラーは「秋信守は韓国のエルビス・プレスリー、ビートルズであり、スーパーマン」と秋信守の成功を祝った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>秋信守、7年・1億3000万ドルでレンジャーズ移籍…イチロー超えアジア選手最高

    2013.12.23 08:57
    뉴스 메뉴 보기
    秋信守が2000年大統領杯高校野球大会のシンイル高で力投している。[中央フォト]
    TOP