주요 기사 바로가기

現代・起亜車、ハイブリッド総力戦…トヨタ攻勢に応戦(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.17 11:45
0
「ハイブリッド総力戦」の背景には、高燃費・親環境車の需要増加に対する現代・起亜車の「オーダーメード対応」がまさにハイブリッドであるためだ。

現代・起亜車は2009年、フォルテハイブリッドを皮切りにこの分野を着実に切り開きながらノウハウを積んできた。自主開発した「並列型ハードタイプハイブリッドシステム」のおかげで特許使用料の負担がないのも長所だ。ディーゼル車の技術開発が比較的不十分だという点もハイブリッド集中現象を説明する要因となっている。

トヨタへの牽制も必要だ。トヨタの高級ブランドであるレクサスは、今年に入って11月までに2449台(164%増加)が売れたES300hのおかげで国内市場で合計2903台のハイブリッドカーを販売し、トヨタも2098台を販売した。一方、同期間の現代・起亜車のハイブリッドカー販売量は2万1092台で19.5%減少した。事実上の「炭素税」である、低炭素車協力金制度の導入も念頭に置いたと見られる。政府計画によれば国産ガソリン車の所有者は2015年からほとんどが50万~700万ウォンの協力金を追加で支払わなければならないが、炭素排出量が少ないハイブリッドカーのトヨタプリウス所有者はむしろ200万ウォンの補助金を受けることになる。ハイブリッドカーに対する需要増加の可能性が大きいという意味だ。


現代・起亜車、ハイブリッド総力戦…トヨタ攻勢に応戦(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP