주요 기사 바로가기

「黄長ヨプ、亡命前に張成沢と金正日除去を謀議」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.14 13:31
0
黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記(1923-2010)が1997年2月、中国で亡命を決行する前、張成沢(チャン・ソンテク)ら北朝鮮政権内部の数人の幹部と金正日(キム・ジョンイル)除去構想をしたが失敗したと話した、という証言が出てきた。

黄元書記の亡命当時の状況に詳しいある人物は13日、「黄長ヨプが自分と同じ考えを抱いていた人物に張成沢の名前を挙げたと聞いている」と明らかにした。ただ、「張成沢の安全のため、国家情報院は秘密を維持してきた」と付け加えた。また、黄元書記は当時の徐寛熙(ソ・グァンヒ)農業相もその中に含まれていたと話したという。徐寛煕は食糧難が深刻だった1997年、農業政策の失敗に対する責任を負わされ、米国スパイ容疑で銃殺された。

この人物によると、黄元書記は封建的な世襲体制に幻滅し、北朝鮮人民の生活のためには金正日を除去する方法しかないと考えたが、これを実現できず急いで亡命したと伝えた。黄元書記と張成沢は姻戚という。黄元書記の息子の黄敬模(99年処刑)が張成沢の兄の張成禹(チャン・ソンウ)元北朝鮮軍次帥(2009年死亡)の娘と結婚した。

黄元書記の金正日除去計画は黄敬模によって96年ごろ推進されたと、この人物は明らかにした。金日成総合大学を卒業した黄敬模は、金正日の身辺を警護してきた護衛総局内部の人脈を動員し、金正日を除去しようとした。しかし計画を本格的に実行する前に国家安全保衛部の監視網が狭まってくるのを直感した黄元書記は、息子にも知らせられないまま中国・北京で亡命を断行した。

黄元書記亡命後、北朝鮮は黄敬模と張成禹の娘を強制離婚させた。自宅軟禁されていた黄元書記の夫人パク・スンオクと黄敬模は98年夏、9万8000ドルを持って中国に脱出しようとしたが、平安北道龍川付近で逮捕され、翌年処刑されたと伝えられている。

◆脱北した姜成山総理の婿も確認=姜成山(カン・ソンサン)北朝鮮総理の婿の脱北者、カン・ミョンド慶ミン大学教授もこの日、YTNに出演し、「(北にいる当時)張成沢とともに北の体制変化を実際に計画した」と明らかにした。カン教授は「張成沢は核を放棄しようとしていた。北の体制変化を図ったのは事実」とし、このように述べた。

人民武力部保衛大学保衛専門研究室長を務めたカン教授は当時、外国人に無断接触したという理由で90年から1年間、平安南道北倉郡18号管理所に収容され、94年に脱北した。

カン教授は「張成沢の側近が10月末、金正恩の異母兄の金正男(キム・ジョンナム)に会ったことを金正恩が知ったのが、張成沢粛清の導火線になった」と主張した。

昨年4月に金正恩世襲政権に入った後、金正男は中国・北京やマカオ、シンガポール一帯を転々としながら事実上亡命生活をしていると、韓国情報当局は把握している。金正恩体制に突発状況が発生する場合、有力な代案と見なされてきた金正男の身辺を中国が保護してきたと伝えられている。

カン教授は「金正男は近く100%亡命するだろう」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「黄長ヨプ、亡命前に張成沢と金正日除去を謀議」

    2013.12.14 13:31
    뉴스 메뉴 보기
    黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記
    TOP