주요 기사 바로가기

<張成沢処刑>韓国「鋭意注視」 米国「極めて残忍」…異例の論評

ⓒ 中央日報日本語版2013.12.13 11:30
0
北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)前国防委員会副委員長に対する死刑執行が伝えられた中、韓国政府は13日、「最近の北の内部で展開されている一連の事態に深い憂慮を抱き、鋭意注視している」とし「今後すべての可能性に備えて万全を期する」と明らかにした。

金義道(キム・ウィド)統一部報道官はこの日、定例記者会見で、「政府は今日午前7時30分、国家安保政策調整会議を開き、北が今日発表した張成沢処刑など最近の北の状況などについて議論した」とし「政府は同盟国および関係国とともに緊密に協力していく」と強調した。

一方、米政府は12日(現地時間)、米国家安全保障会議(NSC)のベントレル副報道官を通じて、「事実であれば、北朝鮮の体制が極めて残忍(extreme butality)であることを示す事例」と異例にも即刻、論評を出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP