주요 기사 바로가기

韓国HANMAG証券、指数オプションで数百億台の注文ミス

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.13 10:53
0
今年最後の先物・オプションの同時満期日である12日、指数オプション市場で注文ミスの事故が起きた。

韓国取引所と金融投資業界によれば、この日午前9時2分ごろ、HANMAG投資証券の窓口を通じてKOSPI200の12月物のコールオプションとプットオプションで市場価格よりもはるかに低い、または高い価格での売り物があふれた。

業界はシステム取引のための自動売買プログラムでエラーが出たと推定しており、HANMAG投資証券の被害規模が最低100億ウォン(約9億8300万円)から最高400億ウォン台になると見ている。HANMAG投資証券は合計3万6000件の取引のうち115件について錯誤取引の救済申請をしたが、韓国取引所は要件未達でこれを差し戻した状況だ。取引所側は「錯誤取引の救済申請は、直前の締結値対比で上下の価格幅が3%以上変わらなければならず、種目あたりの損害金額が10億ウォン以上でなければならない」と明らかにした。取引相手が自発的に代金を戻さない以上、HANMAG投資証券の損害はそのまま確定する。HANMAG投資証券側は関係者による非常対策会議を招集して解決策を議論中だ。

現代(ヒョンデ)証券のコン・ウォンソプ研究員は「1カ月のうちで取引が最も多く起きるオプション満期日なので、指数オプション市場自体における影響力はとても大きかった」として「幸いオプションは現物と関連する領域が少なく、現物市場に及ぼす影響は制限的だった」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP