주요 기사 바로가기

有名タレント含む韓国芸能人20人余り売春捜査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.13 09:10
0
有名タレント含む芸能人20人余り売春捜査検察が有名タレントなど女性芸能人数十人が売春をした疑惑をとらえて捜査中だと確認された。一部女性芸能人と斡旋ブローカーはすでに検察に召還され、調査を受けた。

水原(スウォン)地検安山(アンサン)支庁(支庁長キム・フェジェ)は12日「女性タレントなどがブローカーの紹介でベンチャー事業家や財力家などを相手に売春をした情況をとらえて捜査中」と明らかにした。検察の捜査線上に上がった芸能人は20人余りだと伝えられた。美人コンテスト出身30代タレントA氏と数年前の人気ドラマに多数出演したタレントB氏なども含まれたと分かった。だが、検察は名簿を確認することができないといった。

検察はまた、有名芸能人に似ている、いわゆる「テンプロ(10%)ルームサロン」の女性従業員も芸能人らと共に売春に動員されたと把握している。

検察は芸能人売春にブローカーC氏が介入したと見ている。C氏は女性芸能人をベンチャー事業家や企業家など多額の金を支給できる財力家に結びつける役割をしたということだ。売春一度で多くて億レベル(1億が約979万円)のお金が行き来したと伝えられた。検察関係者は「以前まで女性芸能人が政官界や財界の有力要人などに性上納をしたという疑惑が提起されたのとは違って今度はお金を目的に売春がなされたようだ」とし、「その一部は呼んで調査までした状態」と話した。

検察はまずブローカーC氏の疑惑立証に力を注いでいる。C氏が売春女性と男性顧客のリストなど関連情報を持っている可能性が高いためだ。先立って検察は8月、C氏に対して売春斡旋などの疑惑で拘束令状を請求したことがある。だが、逃走や証拠隠滅の憂慮がないという理由で令状が棄却された。

その上、C氏と召還された芸能人は疑惑を強く否認していると分かった。このために4ヶ月間の検察捜査は明確な進展が見られずにいる。検察関係者は「C氏の令状が棄却されたが関連女性を追加召還調査して証拠を補完している」として「捜査を継続する」と話した。現行「売春斡旋など処罰に関する法律(21条)」によると、売春をすれば1年以下の懲役や300万ウォン以下の罰金・拘留などの処分を受ける。

一方、最近有名女性芸能人の売春疑惑内容がオンラインで広がり、確認されていない一部芸能人の実名が無差別流布した。証券街情報誌には「売春有名芸能人、美人コンテスト出身は〇〇〇、有名タレントは〇〇〇等と確認…アイドル出身〇〇〇等も追加」という内容が登場した。このような内容はカカオトーク等を通して早く広まった。

検察関係者は「確認されていない捜査対象女性芸能人の実名をむやみに取り上げて名誉毀損などで処罰を受ける可能性もある」とし、「捜査対象者の身元など具体的な捜査内容は明らかにすることはできない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP