주요 기사 바로가기

第2ロッテワールド、火災時の階段脱出に2時間

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.12 15:41
0
ソウル蚕室(チャムシル)に建設中の第2ロッテワールド(地上123階、555メートル)の安全性が、再び問題になっている。第2ロッテワールドの最上階の123階から地上まで特別避難階段を利用して移動する場合、2時間近くかかることが明らかになった。特別避難階段とエレベーターを利用する場合にも1時間程度が必要とされた。ソウル市議会の都市安全委員会が5日、ロッテワールドタワーの建設現場を訪れて安全点検を実施した結果だ。

ロッテ側が立てた避難計画によれば、第2ロッテワールドには5つ(24階、50階、70階、88階、112階)の避難安全区域が設置される。火災が発生する場合、最も近い避難安全区域に集まって避難用エレベーター(17台)を使って脱出することになる。避難用エレベータのほかにも特別避難階段などを利用して待避できるようにした。建物利用予想人員の2万人が待避を完了する時間は、避難階段だけを利用する場合は1時間58分、特別避難階段とエレベータを併用する場合は1時間3分を要する。

火災が発生する場合、スプリンクラーのほかに鎮圧する方法が不十分だということも問題として指摘された。現在ソウル市などが保有している消防はしご車の稼働可能な高さは最高55メートル(約18階の高さ)だ。第2ロッテワールドの最上階層には別途のヘリコプター着陸場などがなく、消防ヘリコプターの着陸も不可能な状況だ。ソウル市議会の都市安全委員会のユ・クァンサン(民主党、永登浦4)委員長は「現在ソウル市などが保有する消防装備では火災などが発生する場合、鎮圧がかなり難しい」として「高層建築物の火災鎮圧用消防車などの対応装備を拡充する必要がある」と話した。

しかし、嘉泉(カチョン)大学のパク・ヒョンジュ教授(消防防災学科)教授は「超高層ビルの場合、避難安全区域がしっかり設置されることが一番重要だが、第2ロッテワールドの場合は設計上の国際基準に符合する」として「今後の管理の仕方によって安全性は十分に確保できる」と話した。工事現場近くにあるソクチョン湖の水位低下の問題も指摘された。

一方、ソウル市は第2ロッテワールド周辺の交通問題の解決案をめぐって引き続き苦心している。ロッテ側は第2ロッテワールドの建築許可を受けて蚕室駅のバス乗り換えセンターを建設してソウル市に寄付進呈し、炭川辺(タンチョンビョン)道路の確保費用の一部(450億ウォン、約44億円)を負担することにした。だが炭川辺道路拡張の場合、工事費が1560億ウォンから4300億ウォンに大きくふくらみロッテ側から追加負担をしなければならないという指摘が提起された。ソウル市関係者は「蚕室周辺の交通条件改善のために道路工事費用の追加負担を要請する案をずっと検討中」と話した。

施工者のロッテ建設関係者は「火災関連の施設は国内外の基準を満たすように設計しており問題はない」として「似たような規模の海外の超高層ビルと比較して待避時間でも大差ない」と釈明している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP