주요 기사 바로가기

韓国、日本と重なる防空識別圏飛行時には30分前に通知

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.09 09:11
0
残ったのは状況管理だ。先月23日に中国が離於島(イオド)を含め、韓国の防空識別圏(KADIZ)と一部重なる中国の防空識別圏(CADIZ)を一方的に宣言しながら始まった北東アジアの航空識別圏(ADIZ)対立に、韓国政府は8日にKADIZ拡大で対応した。韓国政府としては譲歩できないマジノ線だったが問題は韓日中のADIZが一部重なるという点だ。軍事的対立が発生しかねないという話だ。国同士の対立を防ぎながらも韓国の利益が侵害されないよう状況管理をうまくするのが重要という指摘が出る理由だ。

韓国政府はこの可能性に備えてきた。KADIZを拡大していく過程でも軍事的・外交的雑音と対立を最小化するため緻密に動いた。ここには周辺国との摩擦を最小化するよう求めた朴槿恵(パク・クネ)大統領の注文も作用したという。政府核心関係者は、「防空識別圏拡大という朴大統領の考えが政府案にそのまま反映された。われわれの方向は明らかだが利害当事国である米国、中国、日本と不協和音を起こさないことも大きな課題だった」と話した。同関係者は、「最終発表時まで周辺国と摩擦を避けるため政府が公開的に強い立場を明らかにせず、最大限溝を調整していった」と説明した。

韓国政府が2日に事実上KADIZ拡大を決めても発表を8日に遅らせたのもこのためだった。当時ソン・キム駐韓米大使が国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官に発表延期を要請し、政府内でも感情的な対応をすべきではないとの意見が優勢だったという。バイデン米副大統領が対立を調整するため韓日中を歴訪する中で韓国政府がKADIZ拡大を発表する場合には水の泡となりかねないという理由からだ。韓国政府が6日の安保政策調整会議でこうした内容を決めながら8日に発表したのも7日のバイデン副大統領帰国後にしようという外交的日程調整だった。

また、事前にKADIZ拡大の内容を周辺国に説明して対立を最小化するため努力した。国防部のキム・ミンソク報道官は、「外交的チャンネルをはじめ国同士でできるすべての方式を通じ中国と日本に説明した」と話した。駐韓米大使館をはじめ韓米連合司令官にも直接説明し理解を求めたという。中国や日本が特別な拒否感を示さないのもこうした努力の結果という評価だ。すでに日本政府内では「(一方的に)民間航空機にまで事前通知を求めた中国の措置と韓国の拡大発表は次元が違う」という側に方針を固めたという。一方的宣言でなく調整の過程を経たという意味だ。

韓国政府は今後対立を最小化するための対策も求めている。キム報道官は、「政府は新しく調整されたKADIZ内での偶発的な軍事的衝突を防止し航空機の安全を保障するのに必要な措置に対し関連国と協議していくだろう」と話した。7日間の猶予期間を置き、その後も日本の防空識別圏(JADIZ)と重なっている場所を軍用機が飛行する場合には30分前に計画を通知するなど現在のシステムを維持することにした。中国とは韓国の空軍統制センター(MCRC)と中国済南軍区とのホットラインを利用し緊張が発生する前にリアルタイムで調整するという方針だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、日本と重なる防空識別圏飛行時には30分前に通知

    2013.12.09 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    韓国防空識別圏はどのように変わったか。
    TOP