주요 기사 바로가기

<フィギュア>キム・ヨナ「五輪では完ぺきな演技見せる」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.12.08 10:07
0
キム・ヨナはクロアチアのザグレブで開かれた第46回ゴールデンスピン・オブ・ザグレブ女子シングルのフリースケーティングで、タンゴ曲『アディオス・ノニーノ』で131.12点を獲得した。技術点60.60点、芸術点71.52点だったが、ジャンプのミスで1点の減点となった。キム・ヨナは前日のショートプログラムで73.37点を記録し合計204.49点で同大会優勝を無難に決めた。

この日キム・ヨナは最初のジャンプだったトリプルルッツ・トリプルトゥループのコンビネーションジャンプを試みたが転倒し尻をつくミスを犯した。最初のジャンプはキム・ヨナが普段成功率90%を誇り、女子シングル最高基本点の10.10点を持っている。競技後キム・ヨナは、「最も重要なジャンプを逃した。ジャンプ、スピンがすっきりせず残念だった」と感想を述べた。それでもキム・ヨナは負傷せずに最後まで競技を終えたことに対する満足感も示した。キム・ヨナは「序盤にミスがあったが最後まで緊張して慌てたが、それでもショート、フリーともに満足だった」と話した。キム・ヨナは、「体力的に補完しソチ冬季五輪の時はすべての面で完ぺきなプログラムを見せたい」として五輪準備に対する覚悟も明らかにした。

次はキム・ヨナが競技後の中継放送局との一問一答。

――フリースケーティングを行った感想は。

「最も重要なジャンプを逃した。序盤にミスが出て最後まで緊張し慌てた。最後まで気を引き緩めないように努力したがジャンプ、スピンがすっきりせず残念だった。それでも初めての大会で最初のジャンプを除くと大きなミスはなかった。ショートプログラムも、フリースケーティングも満足だった」

主眼を置いた部分は。

「シーズン序盤で最初のプログラムを披露する場だった。ステップや振りつけのようなものはうまくやること、ジャンプをすっきりやることが重要だった。もちろんこれはどの大会でも必ずやり遂げなければならない目標だが、シーズン最初の大会だったためひとまず大きなミスなくうまく締めくくれた」

――シニアデビュー時の『ロクサーヌのタンゴ』に続きまた別のタンゴを見せたが。

「音楽が公開されてから多くの方々が多く期待した。まだ最初の大会なので五輪までもっと熱心に練習して演技、技術ともさらに完ぺきにしなければならない」

――ソチ冬季五輪の準備はどのようにする計画なのか。

「2カ月半ほど残っている。十分な時間だ。まだ体力的に完ぺきではない。実戦で余裕をもってやるために、体力もそうで、すべての面で完ぺきなプログラムを見せられるようにしたい」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>キム・ヨナ「五輪では完ぺきな演技見せる」

    2013.12.08 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    ゴールデンスピン・オブ・ザグレブで優勝したキム・ヨナ。
    TOP