주요 기사 바로가기

米副大統領「韓国にベッティング続ける」…同盟強調

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.07 13:10
0
バイデン米副大統領が6日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談し、「米国はずっと韓国にベッティングする」と述べた。バイデン副大統領はオバマ政権のアジア・太平洋政策を説明しながら、「米国の反対側にベッティングするのは良いベッティングでない」(It’s never been a good bet to bet against America)とし、このように明らかにした。続いて「オバマ大統領のアジア太平洋地域再均衡(リバランス)政策に対して疑いの余地があってはならない」とし「米国は行動に移さない発言は絶対にしない」と繰り返し強調した。

バイデン副大統領が「ベッティング」という表現を使って韓米同盟の重要性を強調したのは、オバマ政権のアジア太平洋再均衡政策に対して韓国が支持の意向を確実にすることを要求するものだという解釈が出ている。

尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は記者会見で、「我々も“核心軸(linch pin)”という言葉を使用し、バイデン副大統領も(韓米同盟が)最も重要な同盟でありアジア太平洋再均衡政策のとても重要な核心だと述べた」と伝え、両国間に隔たりはなかったと説明した。

しかし「米国の反対側にベッティングするのは良いベッティングでない」という言葉をめぐっては混乱が生じた。発言の直後、バイデン副大統領の言葉は、朴槿恵政権に入って以降、中国との距離を狭めながら協力関係を強化するなど対中国外交が加速していることを意識した発言でないかという解釈が出てきた。

中国発の防空識別圏問題で表れたように、最近の北東アジア地域でオバマ政権の「再均衡政策」と新型大国関係を目指す中国の対外戦略は葛藤を深めている。しかし在韓米国大使館は「バイデン副大統領の言葉(It’s never been a good bet to bet against America)を米国の反対側にベッティングするなと解釈するのは誤り」とし「これはバイデン副大統領の発言が正確に通訳されていないところから生じた」と外交部に明らかにしてきた。

在韓米国大使館は「その言葉は、米国がアジア太平洋地域を離れないという意味」とし「バイデン副大統領は米国に対する信頼を強調する意味で、米国に反してベッティングしてはいけないという表現(「Never bet against the America」)などを使ってきた」と説明した。また「その表現は米国がアジア太平洋再均衡政策強化の意志を説明する時に日常的に使う表現」とし「米国のアジア太平洋再均衡政策に対する推進意志や能力が弱まるとみるのは誤った考えという意味」と付け加えた。

実際、この日の会談で、朴大統領は「中国とも戦略的協力パートナー関係を持続的に発展させ、両国国民の福祉はもちろん、領域内の平和と発展にも寄与しようと思う」と述べ、バイデン副大統領も北東アジアの平和・繁栄に向けた領域内の国家間の協力が重要だという認識で一致したと、尹長官は説明した。

朴大統領は韓国の防空識別圏(KADIZ)を離於島(イオド)・馬羅島(マラド)・紅島(ホンド)領空まで拡大することにした政府の立場も説明した。これに対しバイデン副大統領は「朴大統領の説明と韓国側の努力を評価する」と答えた。バイデン副大統領は朴大統領との会談後に行った延世大学での講演でも韓米同盟を強調した。バイデン副大統領は「韓国と米国はともに成長してきた。私たちは決してどこにも行かない」と述べた。

キム・ヒョンウク国立外交院教授は「バイデン副大統領のメッセージはKADIZを認めるだけに、米国のアジア・太平洋政策に韓国が力になるよう韓半島を越えて役割を果たしてほしいというものだ」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP