주요 기사 바로가기

朴大統領-バイデン米副大統領、韓米懸案を幅広く議論

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.07 10:07
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領とバイデン米副大統領の会談は当初、30分間の予定だった。しかし会談時間は75分に延び、昼食時間まで合わせると2時間20分の対話となった。韓米両国間の懸案がそれだけ多いことを表している。

尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は会談後の会見で、「バイデン副大統領は、アジア・太平洋均衡政策は確固たるもので、韓米同盟が核心の役割を遂行する基盤であることを評価した」とし「韓国政府の環太平洋経済連携協定(TPP)関心表明を歓迎した」と述べた。TPPは米国のアジア太平洋経済戦略の核心。これに対する韓国の参加意思に前向きな信号を送ったのだ。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)表敬訪問に続く延世大学での演説で、バイデン副大統領は米国が描くアジアの青写真をより鮮明に表した。バイデン副大統領は「21世紀のアジア・太平洋地域はまだ世界秩序が再編されているところで、新しい危機と緊張に直面している」とし「韓国との同盟はアジア太平洋地域の安保と平和において必須」と述べた。続いて「米国の再均衡(リバランス)政策とは、米国のすべてをかけて経済・外交・軍事的に太平洋を主導するのに関心と資源を投資するということ」とし「韓国・日本・豪州・フィリピンなど従来の同盟を強化すると同時に、太平洋地域で新しい協力国を発掘している」と述べた。

しかし韓日関係に関しては両国が従来の立場を繰り返した。バイデン副大統領は朴大統領との会談で、「北東アジアの安定のために韓日関係の障害要素が解消され、関係が進展することを希望する」と述べた。これに対し朴大統領は「日本は重要な協力パートナーにならなければいけない」としながらも「日本の誠意ある措置を期待する」と答えた。延世大の演説でバイデン副大統領は「21世紀同盟近代化」という表現を使いながら、韓日関係の改善を改めて強調した。

ある外交消息筋は「日米同盟と韓米同盟をつなぐ韓日関係の改善が、今回のバイデン副大統領の北東アジア歴訪の1次的な関心事だった」とし「北東アジア全体で見れば中国は重要だが、韓日関係の改善が中国を牽制できる核心であり、この部分に力を注いだはず」と分析した。

中国との関係についてバイデン副大統領は「競争はするが衝突は避けることができる。前向きで建設的な米中関係がすべてにプラス」(演説発言)と強調した。キム・ヒョンウク国立外交院教授は「米国のアジア再均衡政策の核心はTPPを含む経済的な部分」とし「軍事的な部分では中国との直接的な衝突に対応する準備ができていない」と話した。

朴大統領との会談では北朝鮮の核問題も議論された。尹長官は「朴大統領とバイデン副大統領は強い対北抑止力を基礎に北の非核化達成のために協調を強化するという従来の方針を再確認した」と伝えた。特にシリア・イランの核問題解決と関連し、北朝鮮の核問題解決に適用できる案がないかどうかなど詳しく議論したと伝えられた。

◆離於島・馬羅島・紅島を含むKADIZ確定=韓国政府はバイデン副大統領の青瓦台訪問後、国家安保政策調整会議を開き、離於島(イオド)、馬羅島(マラド)、紅島(ホンド)上空が含まれた韓国の防空識別圏(KADIZ)を確定した。確定したKADIZは飛行情報区(FIR)を基準に南側は離於島南側100キロ地点まで、南東側は日本・対馬を基準に独島(ドクト、日本名・竹島)海域につながるという。政府は8日、新しいKADIZを公式発表する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領-バイデン米副大統領、韓米懸案を幅広く議論

    2013.12.07 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領とバイデン米副大統領が6日午前、青瓦台で手をつないで移動している。バイデン副大統領はこの日、朴大統領に「米国はずっと韓国にベッティングする」と述べた。[青瓦台写真記者団]
    TOP