주요 기사 바로가기

鉄道網を通じて東アフリカに伸びていく中国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.29 13:14
0
20世紀初期を挟んで、アフリカ大陸に一つ、二つと敷設された鉄道は西欧帝国主義の象徴だった。列強はこの鉄道で植民地の農産物と地下資源を運んだ。1世紀前の収奪路が最近、次々と復元されている。急速に増えるアフリカ東部の貿易規模に注目した中国などが、この地域の鉄道インフラ建設のため大規模に投資している。

ケニアでは首都ナイロビと港町モンバサをつなぐ鉄道が28日に着工される。中国国有銀行の輸出入銀行(中国進出口銀行)が40億ドルを投資した。過去に英国とフランス技術者が鉄道を建設し、ケニアの高地で生産されるコーヒーを運び出したルートだ。起工式にはウガンダ・ルワンダ・南スーダンの大統領が出席する予定で、鉄道がこの内陸国に延びる可能性を表している。

エチオピアの首都アジスアベバとジブチをつなぐ長さ756キロの鉄道も数カ月前から建設中だ。1894-1917年に建設され、現在は使用されていない鉄道の代わりとなる。同じく中国輸出入銀行が30億ドルを投資した。

 
このほか、エジプトとケニアの私募ファンドは3億ドルを投資し、英国が植民統治時代の1896-1901年に建設したモンバサとウガンダの首都カンパラの間の2200キロの鉄道を3年かけて復元する計画だ。

国際通貨基金(IMF)のロジャー・ノッド・アフリカ担当副局長は「東アフリカでは鉄道を利用した物流が活性化している」とし、「鉄道の建設は経済的な観点で非常に収益性が高く、世界市場と領域内の貿易ともに有益だ」と、フィナンシャルタイムズ(FT)のインタビューで述べた。ケニア・ウガンダ・エチオピア・ジブチなど領域内の国は内陸地域からインド洋への物流費を削減でき、最も大きな恩恵を受ける見込みだ。

中国は自国が投資した鉄道建設工事を自国の企業が引き受けるようにした。列車も中国が供給する。FTは「中国が資金を出したプロジェクトの建設費用は相対的に高い」と伝えた。

東アフリカでの相次ぐ鉄道建設は、急速に増えているこの地域の経済規模を反映している。領域内の貿易量は2000年の6億8900万ドルから昨年末には24億ドルと、10年間で3倍に増えた。アフリカ開発銀行のガブリエル・ネガト局長は「東アフリカの鉄道建設はこの地域の市場の地図を変える“ゲームチェンジャー(game changer)”になるだろう」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP