주요 기사 바로가기

EU「韓国、違法漁業国に予備指定」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.27 08:24
0
欧州連合(EU)が26日(日本時間)、韓国を「違法漁業国(IUU:Illegal Unreported Unregulated)」に予備指定した。ダマナキEU海洋水産執行委員はこの日、「韓国とガーナ、キュラソー島(中米地域の島国)の3カ国を予備IUUに指定した」と発表した。

EUが韓国を指定した最も大きな理由は、位置追跡装置(GPS)を付けていない漁船が多いという点だ。韓国は漁船にGPS設置を義務化していない。このためにEUは、韓国漁船が近海で違法に魚を捕るという心証があっても追跡装置を確認して該当漁船を制裁する方法がない。

予備IUU国に指定されたが、今すぐEUと水産物の交易や漁船取引には支障はない。EUは追加調査によって最終的にIUU国に確定した国に対して水産物の禁輸措置を実施する方針だ。今後、協議過程でEUが問題にした理由を改善すれば予備IUU国から解除されることができる。

ただし国家のイメージダウンは避けられない。朴槿恵(パク・クネ)大統領が8日、ベルギーのブリュッセルでジョゼ・マヌエル・バローゾEU執行委員長と首脳会談を行って3週間後に出てきた決定だからだ。海洋水産部のリュ・ジェヒョン国際協力総括課長は「EUの指摘事項を改善するのが多少遅れるという理由で、韓国を予備IUU国に指定したのは適切ではない」として「関連法を整備して追跡装置の設置を義務化するなどの改善策を履行してIUU国から除外されるようにする」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP